チング

 新大久保駅からずっと明治通りのほうへ、大久保通りの道路の右側を歩き、明治通り手前の「改装センター」路地を右折ししばらく行った右のところに友(チング)という名前の店がある。
 真っ暗な(行ったときは暗かったんだよ…)オープンエア席(自称屋台)があり、その奥にKOREA MARTというスーパーが併設なので、看板自体目立たず非常に入りにくいが、かなり安く、豪快な韓国系の食事ができる。
 日本にあるお店でなんとなく似てるものがあるとすれば、なんというかスーパーに併設されている焼きそばとか売ってる食事コーナーが本格的な韓国料理になったという感じかなー。
 日本語をしゃべれる店員さんが1人しか(行ったときは)いなかったのもなかなかグー。食べている間も続々とダンボールの搬入搬出が続いているのも不思議。でも普通に美味しい。曜日によって、サービスメニューがあり、特定の酒なども安くなったりする。
 テーブルがアウトドア用の簡易的なものだったりするので、綺麗さを求めると厳しいものがあるし、はっきりいって日本の人はそんなに行かない店なのですが、「現地感」を味わいたい方はあえて行ってみましょう。安いよ。

★追記★
新宿2丁目に同名のお店(CHIN・GU)がありますが、それとは別です。注意。

[関連サイト]
友(チング)コリアマート(焼肉天国サイト内)
チング(新大久保)(新大久保で韓国料理を味わおう! korea三昧 コリアタウン探索サイト内)

追記:2009年現在改装され、奥に座敷ができました。ランチは安いのでおすすめ。

チング [ 韓国、朝鮮料理 ] – Yahoo!グルメ
店舗情報をご覧になるには、JavaScriptの設定を有効にする必要があります(0007236572)。

タクシーのおやじに花園のお祭りを聞いてみたよ

 タクシーのおやじ曰く、「2つもおみこしがあるなんて金持ちだなー」という。

 そういえばそうかもしれないな。

「女みこしってさ、みんなあんまり本気で担いでないんだよ。誰かに任せようとしててさ。」

 へー。

「で、途中から、密かに(男が中に)入ってくれって途中から言われるんだけど、あんまり担ぎすぎないのがコツなんだよな。彼女たちが担いでることになんないからさ」

 いったい女みこしは誰が担いでるんだろうと思った。

「祭りにはけんかがつきもんだよな」。

 なにかあったのか聞いたらだまってしまった。あったのか無かったのかはっきりしてくれ。

2つもみこしがあったのかどうなのかすら知らない、その時間は部屋で寝ていた私でした。
月曜まで祭りは続くので、今日見に行ってみてくださいな。

新宿のケーブルテレビ

もともと西新宿の高層ビルの影響で難視聴対策として作られたTCV(難視聴解消用なので、サービス局数が少ない)しかなかったため、もともと遅れていた新宿区のCATV事情。最近別にTCVのデジタルサービスが始まり、サービスもデジタルなら飛躍的に向上しはじめた。
 また、今年劇的に変わったのは、新宿ケーブルテレビという別の会社が参入したことだ。2社競争ということになり、これでなんとかなるといいのだが…
うちはどっちもエリア対象外だ。
●広告
スカパー!ご加入0円キャンペーン実施中!

新宿ロフトがまだ西新宿にあった時代

  やたらと広告を埋め込んでいますが、これはいろんな実験の一環なので、無理にクリックしなくてもいいですよ。
 
 きょうは古い話。
 新宿LOFTが、まだ西新宿にあった頃、80年代後期から90年代の初期。自分はまだ二十歳そこそこで、インディーズ・ブームの真っ最中だった。日本中からそれを目的に上京してきたような女の子が沢山居るような時期で、そこかしこにライブハウスがあり、ぴあやシティ・ロードを持って皆が日々いろんなものを口コミで見に行っているような楽しい世界だった。今はビルだらけになってしまった汐留も、当時パナソニックがスポンサーになってそういうライブ用の仮設イベントホール(テントみたいなもんだけど)があったり、「ぴあ」誌がチケット事業を独占、そういったライブチケットもほとんどを扱い、今と比べ物にならないほど力を持っていたり、バブル真っ只中。新宿LOFTはそんな一連のブームの中で、すでにカリスマ的なライブハウスとなっていた。
 自分はその頃もアマチュアながらすでに編集活動をしており、そういったいわゆるロフトをベースにしていたバンドの本を1冊編集する機会があった。それは伝説になっている「バンドやめようぜ」というファン向け無料配布ミニコミだった(Vol.1のみ協力)。当時宝島社(当時JICC)から出ていた「バンドやろうぜ」という本に対するアンチ雑誌というコンセプトは非常に面白く好評で即ソールドアウト、続編も作られるほどだったのを覚えている(企画は優秀なのだが、芸能ゴロだった当時の担当者は後に相当不仲になり今でも許すつもりはない。これもし読んだら死んでも連絡してこないように)。あーいうくだらない本を作るというのは今でも20年前でも変わっていない。
 他にもロフトにまつわる仕事の思い出がある。「バンドやめよう~」以降、某電波系編集プロダクション(といっても電波新○社の仕事をしていたプロダクション)を経て現在の職場に移り、入って5年目くらい、マルチメディア系の雑誌を作っていた頃のこと。あまりその雑誌が売れないので(それでも今の2.5倍売れていたが)、いつしか休刊のうわさが立つ。焦ってとち狂った我々は早朝にラベルシールを作成、「ステッカー作戦」を決行。新宿界隈の道路際やライブハウスに雑誌名の入ったシールを沢山貼った。当時、バンドはなにかとステッカーを作るのが決まりみたいになっていたのだが、雑誌のシールを(ゲリラで)LOFTやJAMに貼ったのは我々くらいだ。今考えるとなんて効果の薄いことをしていたんだろうと思うが、狂人だったので本気で破れかぶれな作戦に出ていたのだ。その後その雑誌は、最終号は売れたが会社がもう我慢できないという意向でつぶれ、LOFTも閉鎖といううわさが耐えなかったが、LOFTは今ではステッカーを貼ったら半殺しにされてもおかしくないような歌舞伎町の飲食店雑居ビルへと移転して不死鳥のように復活。そして、いつのまにかロフトプラスワンというサブカル系トークライブ用の系列店も持っている。それと同じように我々の手持ちの雑誌も転生し、増殖をしてこの不況下にもありがたく編集稼業を続けている。オーナーのおやじさんの思想とかかき回し方とかは好きじゃないが、転生してでも長く続ける、いまだにある、そういう意味ではシンパシーを感じたりするのだ。同じモノを10年もまわしていると、すでに2世代目とかに客がなっていたりするのは、あそこもうちも同じだろう。
 そんな思い出だけじゃなくて、普通にライブにもたくさん行ったり恋愛の話とかもある訳ですよ。でも20年前のバンドの感想や童貞レベルな話なんか、いまさらつまんないのでパス。最近「あの頃(80’s-90’s)」に思うのは、ここ数年カラオケに沢山、当時のインディーズ系音楽が入っていたりして、この調子で行くと、いつか「なつかしのメロディ」に筋少やケラが出る日も来てしまう時代が来そうな気もする。
 
 ちょっと脱線したが、前述の「ステッカー作戦」でわかったことが1つ。新宿の場合、シマの問題もあるのだが、「街の浄化」にはとても熱心で、とにかくとてもシールや広告物を「剥がす」ということに手馴れている。たとえ貼っても翌日に1割残っていればいいという感じだった。
 どうりで、他の町に行くとある、不動産の売買の電柱看板や、風俗系の捨て看とかも全然見ない訳だ。屋外広告物条例的にはよくないことをしながらも、普段まったく歩いていてもわからない、「歌舞伎町は、ああみえて実は環境の浄化がすごい」ということを意識することとなり、別な意味で勉強になった。
●広告
デジカメ写真が売れる?写真をデザイン素材として販売する!

花園神社例大祭(~月曜まで)

 早朝と昼にちょっと見てきましたよ(写真は5/29早朝)。左下の人間は横切った出店のお姉さんで、私ではないです。参道には多数、露店が並んでました。
 昼になると、ちょっとピーヒャラピーヒャラというおはやしの音が(録音ぽいけど)響いてます。意外とイベントのある時間以外はすいているので、酒のみがてら寄って、おみくじでも引いてみるのもいいですよ。目にすることはできませんでしたが、神輿も出てるんでしょうね。
 月曜までやってます。
 また次に着替えで帰ったときに、わずかに見るのかな。祭りの見方というのは、こういう(午前中や昼イチだけ見る)ものではなかったような気がする。しかしだんだん仕事が忙しい時期になってきたので、そうもしてられない状態なのだ。BLOGも簡素ですまぬ。でも忙しいほうが、精神的にダウナーになる暇もないのでいいのです。仕事と引き換えに、生き物としての幸せとか、清潔さとか、人間関係とか、身銭とか、愛情とか、部屋の掃除とか、いろんなことを捨ててますが。
 花園神社に参拝して、助けを請うている暇すらないです(涙)。

花園神社例大祭

花園神社のお祭りです。他のサイトによれば、今年は表祭りとのことで派手らしいです。今年は月曜まであるんだねー。きっと着替えのために家に戻ったときにほんの少しだけ見れるかも…という感じです(涙)。
[関連記事]
花園神社例大祭28-30日開催中(※2005年(掲載翌年)の情報)
●広告

新宿ビアガーデン・リンク集。

新宿
小田急ビアガーデンは5月20日-8月31日、本館屋上 公式(運営:ニュートーキョー)
京王アサヒビアガーデンは既報通り5/13-9/15 公式サイト 報道

MyCityは屋上がゴルフスクールになっているのもあるのか、今年の情報が出てきません。東口にはないのだろうか、、また、タイムズスクェアには見当たらない模様。

新宿では同性愛者のお祭り、レインボーまつりでも昨年はビアガーデンがあった模様 今年はまだ詳細不明 8/24

信濃町
そして、ちょっと総武線に乗るとあっという間の信濃町(ビアガーデン所在地は厳密には港区になっちゃうけど、信濃町駅は新宿区ということで)

信濃町に 森のビアガーデン5/14-9/5

信濃町駅徒歩3分明治記念館ビアテラス鶺鴒 プレオープン5/17-5/31 グランドオープン6/1-8/31も和風庭園内で、隠れ家的にお勧めだったり。Web2割引券あり。

※信濃町界隈のビアガーデンは緑溢れるので、防虫対策をお勧めします。

神楽坂
神楽坂  毘沙門天境内ビアガーデン(ほおずき祭り期間中)7/20-22

他、池袋東武やPARCOなどのビアガーデンも有名ですが、とりあえず新宿ということで。

※当時の情報です。執筆日をご確認ください。

庶民が興味をもたれているようです。

 予め言っておきますが今回の書き込みは新宿とは関係ないです。
 あまりにも最近やんごとなき方々関係VS某庁問題がワイドショーやニュースを騒がせているので、ちょっといろいろ見ていたら、
リンク先参照
いつのまにかあの場所もインターネットで参観申し込みができるようになっていたり。地方の方は、都内観光のときに、予め申し込んでおくと、貴重な体験ができるかもしれません(全行程1時間以上かかるそうです)。遠い昔、別の用件で呼ばれる機会のあったうちの親の話だと、中には東京都内に普通にないような植物とか、野鳥とかが生息していると言ってました。
●広告
コメ兵 ジュエリーバザール

タイバス・タイカラオケ・不眠

 今朝は、歌舞伎町の主要観光客である、台・中・韓の三つの国以外で、珍しくタイの観光バスを見た。タイは貨幣価値が非常に日本と差が激しく、向こうにいったらば2万円を使うのにも苦労するくらい物価が安いので、かなりあちらからは、裕福な人たちが来ているのだろう。それでもやはり少し安くなっているのか、バスは、ちょっと小ぶりだった。歌舞伎町に限らず新宿周辺にはタイ文化(食材・飲食店等)も実はかなり多い(リンクの、エスニック関連サイトなどを見てもらえればわかると思う)ので、もしかしたら最近は結構な量のタイ人も住み着いているのかもしれない。
 遠い昔、金子さんという元編集者、現演劇人に、昔、タイ人しか行かないというローカルな「タイカラオケ」というお店に連れて行ってもらったことがある。タイ語にローカライズされたカラオケを見、聞いたこともない歌を聴きながら、トムヤンクン鍋を食らった(おいしかった)。他に「タイディスコ」というのもあると聞いていたが、まあいろんなやばい話もあったりして、ある日血が流れるようなこともあり、一旦なくなったという。歌舞伎町の闇に、普通の日本人向けの飲食店以外でのそんなタイローカル文化が根付いていたのにびっくりだ。
 タイの観光バスを見たばかりに、かなりどうでもいいことを思い出してしまったが、きょうの実生活では自分的には調子がかなり悪くなっていた。朝のこと。契約の都合などで徹夜でしなければならない作業もあり、ほんとうはまだ会社にいなければならない予定だったのに、心身バランスが悪く、無理して早朝に家に戻ってしまった(逃げ帰ってしまったというのが適切かもしれない)。連徹ということでもないのでそれほど体に負担はなかったが、眠る気力がなく、体が心のせいで逃げ出したような感じだ。あとから考えれば眠くなるためにどこかへ彷徨うつもりだったのだろう。結果的に家に戻ったわけだが。精神的な「逃げ場」がないからなのかなぁと思う。このバランスの崩れを直すには、業務外での、自分の安堵する新しい居場所を探さなければいけないのかもしれない。
●広告
ホットペッパー

地下鉄工事は終わらない

 明治通りの沿線はずっと地下鉄工事をしている。うるさいし、幹線道路だというのに激混みで最悪。それでも、朝には路面のパネルをもとどおり埋めて(工事は昼間はしないので全部片付け)、普通の道路になるという新宿5丁目交差点あたりのシステムはなんとなく面白いので好きだったりする。そうなっていない大久保近辺は、掘ったら毎日そのまんんま、昼夜とも道路の車線減ったままで、工事現場の周りはいつでも大渋滞。大変である。
 工事、なんか終わらない終わらないと思ったら、平成18年までかかるという。「2年か!長!」と思っていたが、この仕事をしていると半年くらいはあっという間に過ぎてしまうので、気がつけばあと1年半くらいになった。自分が怠惰な生活を続けていれば、すぐ終わりそうだ。(仕事では毎日いろんなことに追われているため、気を抜いていると一瞬のうちに人生が終わりそうな、ジェットコースターみたいなスピードで過ぎている)。そういえば思い出したが、こっちの工事が完了する頃には、つくばのほうで行われているつくばエクスプレスの工事も完了しそうだ。
 僕は個人的には将来新宿を離れ、つくばエクスプレス沿線に住んで学園都市から都内に通おうという目論みがあるのだが、最近みんな誰かと交際やら結婚やら引越しやらで頻繁に会える友達がほぼまったく居なくなったり、個人的には以前長く暮らした人と別離したりな状態であったりするので、あそこに行ったら孤独すぎて学園都市初期の研究者のように自殺しそうでちょっと嫌(いい年して結婚できる方向は考えてなかったりするのもちょっと自分でどうかと思うが)。それでもつくば学園都市の無機質で緑溢れるなところは新宿の次に好きなのだ。
 現在このBLOGは日/350-550アクセス強あるのだが、自分が職業柄、どうしても見せるものとしてのBLOGの方向を追求してしまうため、ヒット数は上がってもビアガーデンやマッサージや豚丼やAIRH”等でみんな見に来るので、なかなか友達は増えないです(かなり人を選ぶタイプなので、増えても困るんだけど)。
 地下鉄工事が終わるころには、何かそれなりに実のある出会いというか光明が見えることを花園神社に祈っておきましょう。
●広告
楽天トラベル