東京クリニックの立ち入りに戦々恐々の芸能人

この記事は9年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(日刊ゲンダイ)
飛ばし記事だとは思われますが、確かに中毒になって依存している人ならここに通っててもおかしくはないし、患者から売人ルートとかもあるでしょうからね。

(前略)東京クリニックはインターネット上で「リタリンを簡単にくれる病院」として有名で、保健所から何度も指導を受けていながら処方を続けていた。
 とんでもない医者がいたものだが、今回の摘発には芸能界も戦々恐々としているという。
「リタリンは『合法覚醒剤』ともいわれています。錠剤を砕いて粉末にして鼻から吸うと、高揚感や爽快感が得られるのです。六本木や西麻布など有名人が通うクラブでも出回っていて、一部の芸能人には愛好家もいる。このクリニックに通っていた芸能人がいるというウワサまで流れています」(芸能関係者)
 今後、リタリン中毒の芸能人が芋ヅル式に摘発される可能性もある。(ゲンダイソース記事部分引用)

とはいっても、不正に飲んでいたからといって現状では一般処方薬品。非合法(覚せい剤として)指定されてないですから、すぐ摘発できるものでもないです。法改正とかされないと無理。しかも、処方としては今後もうつ以外では使われるわけで。

という意味合いでは、特に芸能人のあてがあるとかじゃなくて、やっぱり飛ばし記事なんじゃないかと。

あの待合室(狭い)で有名芸能人がいたら2chのメンヘル板に書かれちゃうよ。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう