歌舞伎町浄化作戦の規制外となる昼キャバ、朝キャバが急増



この記事は11年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

ソース(日刊スポーツ)

 (前略)昼キャバは05年ごろから、都内の一部や千葉県内、東京・銀座などに開店し始めた。特に増えているのが歌舞伎町で、夜営業していたキャバクラが「昼部門」を設けた例が目立つ。競争激化で、早朝に営業を開始する「朝キャバ」システムを導入する店も出始めた。「ほかの店がやっていない時間帯のため、うちも午前6時に営業スタートしています。今、『朝キャバ』は3、4店やっていると思われます」(セレナス)。

営業がどんどん前倒しされている背景には、石原知事の繁華街「浄化作戦」があるという。深夜から未明にかけての営業が厳しく規制され、ある昼キャバの店員は「当局の規制が厳しく、未明のキャバクラ営業がしにくくなった。そうした中、少しでも収益を上げようと、これまで部屋を使わずにいた昼間、キャバクラを営業しようという発想になった」と話した。

 浄化作戦で、店舗型風俗店が壊滅状態になったため、「昼キャバなどの形態しか新規にスタートしにくくなった」(別の店員)との声もある。ある昼キャバで働く女子大学生(19)は「夜だと生活が不規則になるので昼にしました」と話した。

 昼キャバ常連の男性会社員(37)は「安い上、酒を飲まなくても違和感がないし、素人っぽい女性が多いので、喫茶店感覚でよく行く。曜日や時間帯で違うが、混雑している店と、客が少ない店がある印象だ。さすがに私は早朝からは行きません(笑い)」と話した。(ソース部分引用)

いやー、朝キャバありますよ、朝酔っ払った帰りに声かけられたことある。朝はともかく昼キャバとかは確かに数えられる数になっています。

昼キャバはポケパラ(歌舞伎町近隣にMAN-ZOKUがスタンド配布する情報誌)とかに結構載ってますね。

ホストも朝営業で健全になってるという話を辛酸なめ子嬢が言ってましたが、そのうちみんな朝からべろんべろんな街になってしまうのだろうか、それが健全なのかどうか。

よくよく読むと単に日刊記者によるセレナスの持ち上げ記事にも読めるんだが(苦笑)。

コメント

  1. 元歌@SMMD より:

    朝・昼キャバは結構ホストがお得意さん(夜キャバにもいることはいるが)ですよね。持ちつ持たれつ。
    タテハナビル前の昼のおねいちゃんは以前は違和感あったけど最近やっと見慣れてきた感じ。

  2. えー より:

    浄化作戦は、ホントにトホホな効果ばかりになってますねえ・・・
    そのうち、出張キャバクラとかになったりしてね。意味不明。

  3. なおと より:

    なんで深夜に酒飲飲むことを規制するのか判らん。
    大人が大人の経営する店に行って
    大人の言葉でしゃべって会計する。
    昼間にコマ劇に来る地方の年配の方に
    醜態さらすのが浄化作戦とは
    安い劇より陳腐と思う。
    なんせ新宿署の生安課長の上原氏は
    「風俗営業(性風俗ではありませんよ。許可営業のキャバクラ・クラブ・ホスト・なんて世の中にはいらないんだ。法律でも禁止されてるし!!
    全部つぶす。私が歌舞伎町を浄化する」
    ソース・てらたにこういち歌舞伎町ブログ
    とおっしゃっているそうです(笑)
    で、あと何年いらっしゃるのかな。
    転勤したら、もっと荒れた歌舞伎町が残っているのが想像できます。

  4. tx より:

    僕もタテハナビル前で声かけられてますー。
    ちなみに例の裏スロも…おっと。
    ホストが上客じゃ勝てませんよねぇ。
    僕は口説く気のない人の巣窟、ゴンドラでいいです。

  5. おの より:

    すごい