新宿漫画喫茶激変図

この記事は13年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

 最近新宿三丁目の伊勢丹脇の某映画館ビルの中に、ものすごい家賃を払って入っているという「メディアカフェポパイ」がある。新宿の漫画喫茶といえば、街宣用のトラックで1時間100円を連呼する(どっかで聞いた人がいるかもしれませんが、800円のあれと同グループだったり)の「マンボー」が有名、有名チェーンの「ゲラゲラ」やトーアにある「バグース」も定着していますが、「メディアカフェポパイ」は新宿では後発であることからとにかく綺麗。ネイルサービスもあり、おしゃれ度を演出しています。値段比の快適度はまぁまぁかなと。家まで我慢できずトイレを借りに入っただけなのに、つい5時間ほど寝てしまった。
 綺麗な漫画喫茶といえば、歌舞伎町ハイジア(歌舞伎町交番の裏側のビル)の地下にあるアプレシオもおすすめ。ここは初回身分証が必要なので身元の確かな人が集まっていて安心。おたくっぽくなく、カフェ風なので、場所が場所だけに営業内容を勘違いした人とかとまれに些細なトラブルもあるようなんですが、なにかあるとお客に割引券をくれるいい店です。またここはカフェ系のものは自販機でなく、ちゃんと淹れてくれるのがすばらしい。
 どの店もそれなりのメリットはあったりするので、うまく使い分けするととても楽しいかもしれません。
<感想>
・マンボー PC用オンデマンドビデオで有名映画が何本か1クリックで見れるのはいい。個室を選ぶときっちり閉まる部屋。店によっては階段際まで使うすきまない席配置。シャワーあり。松竹会館の店は、松竹会館建替のため、夏より前に営業終了か移転があると思われる。南口陸橋下りたところの店は、入ったことがないのでわからないが、よく外にサンドイッチマンが立っている。
・バグース 店舗が明るく広い。コマ劇場向かいの第二東亜ビル(1Fパチンコ店)の上のほうにある。Win98迄はセキュリティソフトがきっちりしていた。図書館のよう。ペア席あり。
・ゲラゲラ 紀伊国屋の右の地下の店だと個別でない場所の一部(いわゆるまんが席の一部)は充電もできるので、ノートパソコンや携帯電話に便利だと思った。個室はあまりないが、ちょっとしたときには便利。店内やや袋小路なので迷う。歌舞伎町のコパボウルのビル(HUMAXパビリオン)は、まあまあ綺麗。シネシティ広場の奥を左に行ったところの店は、ビルがあまり綺麗ではなかった。
・アプレシオ カフェのような外装。飲み物がまとも。きれい。部屋はやや簡素だが清潔感あり。新宿はアジアン・ヒーリングスポットもはじめた様子。店は2つにわかれており、それぞれ~ウィングと呼ぶ。シャワーある。麻雀席(僅か)、ダーツ・ビリヤードもあり。PCスペースはコンセントあり。
※(追記)ここの本当の醍醐味は「無料ソフトクリーム」なんだそうだ。ウィングによって味が違う?
・メディアカフェポパイ かなり投資されている感じがするが、漫画・ネット喫茶だと気づく人が少ないかもしれない。御洒落ではある。シャワーあり。最近は東口から伊勢丹に向かう途中で時折ティッシュ割引券を配っている。
●広告
ラグナロクショップ



↑他の新宿情報ブログも見てみよう