台湾でみつかった高田馬場舞台のアニメ「砂煙り高田のグラウンド」

この記事は10年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

→ソース(ひげおやじの秘密小屋)

日本の戦前・戦中の日本の映像作品が台湾で大量にみつかり、それが台湾歴史博物館にあって修復してしかもネット公開しているのですが(サイト)
その中に高田馬場(へ向かう姿)を舞台としたアニメ作品がありました。

これです(砂煙り高田のグラウンド)

高田馬場が会場という紙が舞うので、決闘みたいなのを高田馬場でやるんじゃないのかな、このアニメ。

普通それこそこういうのは一番燃やされがちなんですが残しておくところはさすがやや親日度が高いといわれる台湾ですね。


他にもひげおやじさんのサイト記事ではYoutubeに残った日本の古アニメとか、ミッ○ー似のキャラクターが居るようなやつとか、動物が回覧板まわすようなアニメとかほのぼのしたやつがみれますです。戦争を感じさせるようなものも勿論あるんですけどね。

↓戦争の頃の長編アニメといえばやっぱりこれ。発見された当時は、上映や深夜テレビ放映もされました。セルが貴重品だった時代で、洗って再利用していたとか、手塚治虫が感動したとか、エピソードは尽きません。

VHSも品切れなのが惜しい。誰かマーケットプレイスにでも出してくれないでしょうか。

桃太郎・海の神兵
桃太郎・海の神兵 瀬尾光世 熊木喜一郎 政岡憲三

松竹 1992-01-21
売り上げランキング : 46449

おすすめ平均 star
star次世代の為にもぜひDVD化を
star日本アニメ史上に輝く作品

Amazonで詳しく見る by G-Tools



↑他の新宿情報ブログも見てみよう