最近高田馬場がきれいになったように感じるのには「これ」も理由にあるかも



この記事は11年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

ソース(早稲田ウィークリー)

最近高田馬場は駅舎にだいぶ改造を加えて、エスカレーターやエレベーターも整備されだいぶきれいになりました。また、BIGBOXも改装でだいぶ変わりそうですが、僕も久々に馬場で大阪の友人にあったら「久しぶりに来たけど、高田馬場だいぶきれいになりましたね」と言われました。高田馬場といえば最近まで休止していた火事にあったオリンピックも復活営業開始、また「ババにしまむら?」というなかなか最悪なキャッチコピーで参入してきた地方で有名な服の激安店「ファッションセンターしまむら(大丸ピーコック内)」の出店など、どんどんと変貌を遂げつつあります。

で、本題。

…実は高田馬場でもお掃除してる団体がいるんですね。早稲田大学絡みのようですが。しかしロッテ協賛というのは豪勢ですな。

コメント

  1. とおりすがり より:

    夜に裏通りを歩くと分かるんですが、街灯の数が数年前とは比べ物になりません。特に馬場駅東側にあるパチンコ屋の横の路地などは数年前までは真っ暗で、そこを夜歩くのはかなり抵抗がありましたが、今では煌々と明かりが灯り、防犯カメラもついたので逆に最も安全な(雰囲気の)路地となっております。

  2. tx より:

    とおりすがりさん、情報提供ありがとうございました。防犯カメラはしらなかったなぁ。
    都心1号店の馬場のファッションセンターしまむらは、R25によると「オープンから現在まで他店より好調な売り上げ」だそうです
    http://r25.jp/index.php/m/WB/a/WB001120/id/200709271107