歌舞伎町の韓国人カメラマン権徹(ゴン・チョル)氏が、歌舞伎町のストリートチルドレンの写真集「歌舞伎町のこころちゃん」を発売

この記事は8年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(歌舞伎町の歩き方・歌舞伎町通信)

詳細は毎日新聞の記事を

歌舞伎町の深夜取材カメラマンの中では目立つ存在の権さん、いわゆる歌舞伎町ネタを扱う雑誌などと契約するカメラマンも歌舞伎町内での事件がものすごく減ったこともあって、だいぶ減ってきましたが、逆に権さんだけはもう無数に見かけていますが、最近はああいうゴシップや週刊誌の歌舞伎町ハプニング記事ではなく、ジャーナリズム方向での成果を出しはじめたようですね。

誰も気にとめてないこういう問題を採り上げるのは、本人や親がOKならばよいと思います。

“眠らない街”歌舞伎町。
コマ劇場前で見つけた4歳の少女。
あまりにもかわいらしい彼女は、
たしかに、父と、そしておとなたちと、
路上生活を送っていた―。(商品説明より)

(amazon)

現在、3月には児童養護施設に入ってしまったそうですが(どおりで見ないはず)、この本、買ってあげると、印税が彼女の自立に役立つように寄付される方針だそうです。

●関連記事

歌舞伎町の韓国人カメラマンが日本ビジュアルジャーナリスト協会の写真展会場でトークショー(裏新宿)



↑他の新宿情報ブログも見てみよう