東京都により新宿6丁目の西北地区が「街並み再生街区」に指定



この記事は11年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

【東京】街並み再生地区に 新宿6丁目西北地区(03/16)

■  東京都は、新宿6丁目西北地区を「街並み再生地区」に指定した。UR都市機構が所有する日本テレビゴルフガーデン跡地を中心とする約7?fが指定範囲。地区指定と同時に策定した街並み再生方針に基づき、今後は再開発等促進区を定める地区計画を定めることで、容積率の緩和措置が受けられるようになる。街並み再生地区の指定は武蔵小山駅東地区、南池袋2丁目地区に続く3地区目。
 街並み再生地区の指定は「東京のしゃれた街並みづくり推進条例」の街区再編まちづくり制度に基づく手続き。街並み再生方針の中で▽区画道路の整備▽敷地の最低面積▽建築物の高さ▽用途-など定め、これらを条件に地区計画に定めることで容積率の緩和を認める制度だ。
 新宿6丁目西北地区は新宿区新宿6・7丁目の土地約7?f。UR都市機構が所有する日テレゴルフガーデン跡地約4?fと周辺のまちづくりを一体的に進める。
 都に提出された街並み整備方針では、地下鉄13号線の新駅や地域資源を生かした賑わい・文化・交流の拠点形成を図ることなどを整備目標としたほか、整備すべき公益施設(広場など)、敷地分割の制限、敷地統合の促進などを盛り込んだ。
 また「建築物などに関する基本的事項」では、港区北青山にある聖徳記念絵画館の眺望に配慮して、建築物の最高高さは120?b以下にすると定めた。
 この方針に基づき、今後は再開発等促進区を定める地区計画案を策定する。都市計画が決定すれば、計画容積率の上限を日テレゴルフガーデン跡地北側を600%、同南側を500%まで計画容積率の上限を引き上げる。また、周辺の敷地については賑わい施設を確保する場合は、基準容積率に70~90%を加算することが可能だ。
 地区計画案は7月の都都市計画審議会に付議する見通し。

(2007/03/16)(建通新聞社、3/16、建設業界ニュースhttp://www.kentsu.co.jp/tokyo/news/p03450.html全文引用)

「東京のしゃれた街並みづくり推進条例」←頭の悪い名前の条例だな…。
建通はデータが早く消えがちなので全文引用させていただきました。
しかし、条例云々とか特区とかで緩和を図るというありがちな手法はどうでもいいから早く再開発(もしくはしない間に限定活用)すればいいのに。

あの広大な空き地の損失ってものすごく大きいと思う。一部は駐車場になってはいますが…。

コメント

  1. 中年サラリーマンの苦労話を、聞いて下さい。

    年齢は 48歳 小さな町工場の、自動車の整備工員を、
    やっています。
    やはり年を、とったせいか、若い者には、着いて行けなく
    先月 社長からも、仕事が遅いと、怒られ 
        毎日ヒィヒィ状態です。
    前からの 腰痛も有り、この仕事も、むいてないのかなぁ。
        と 思う毎日です。

  2. ネットカフェ難民からの脱出!

     最近このブログに「ネットカフェ難民」の検索で訪問してくる人がかなり居ます、2回ほど記事として書きましたが、まだ検索してくる人が多いんです、一昨日国会でも議題になったようで世の中の関心の高さがうかがえます。 テレビでも最近時々取り上げられていて私も3…

  3. 住宅の風通しと日当り実例:一年で床板腐りシロアリも:宅地

    前号で住宅展示場では気づけない点として、風通しが良く日当りの良い家を建てるべきだと書きました。風通しとは、家の外側も大切ですが、「家の中に風の通り道がある家を設計する」という意味です。木造住宅は見かけはきれいですが、一年間雨戸を閉め、窓を締め切れば、いくら外見は立派でも、家の中は幽霊屋敷のようになります。湿気がこもって床板が腐り始め、「畳がはねる」ようになります。別に人間が歩いて、床板を踏み抜かなくてもです。また、湿気がこもるため、湿気の好きなシロアリが柱、天井などを食い荒ら…