台風のさなかコパン・コパンへ。



この記事は13年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

 新宿5丁目の花園神社の側面口の右隣の白鳳ビルB2にある、以前にも紹介したコパン・コパンへ避難がてら食事。白鳳ビルの地下飲食街もものすごく暇で、B1の餃子房さんは店の奥で店員が1人寝ているくらいなので止む無くB2のコパンに行ったというところだ。
 コパン・コパンは新宿ねぎしの系列だから、味に間違いはない。ねぎしは牛タン定食のチェーン店だが、仙台に以前行ったとき、地元の人に「新宿ねぎし仙台店」に案内されたくらいだ(せっかく仙台まできたのに、新宿にある店だったのでがっくりしたが)。仙台でも人気なくらいだから、本当に間違いは無い。
 基本的には韓国料理の店ではあるものの、たとえばダッカルビ(鶏肉の炒めものみたいなもの)は、カレー味だったりしてちょっと味が違うので、基本的には韓国を題材にした創作料理屋だと思ってたほうがいい。
 韓国焼酎を頼む。韓国焼酎・眞露の中でも、チャムシル(チャミスル)という銘柄が最近お気に入りなのだが、なんかすっきりしてると思ったら竹炭で3回ろ過してるんだね。ここの解説ではじめて知った。ちなみにチャムシルというのは韓国ソウル市郊外の地名。韓国では不老長寿酒といわれる、甘い百歳酒(ペクセジュ)もあって、チャムシルと割って五十歳酒というものもある。マッコルリ(韓国のどぶろく)も仁東(イードン)銘柄指定であるし、へぇー思ったより一通りあるなぁ。
 ここは、BGMもヨーロッパ系のよくカフェで流れているような音楽だったりして、韓国料理だというのに、無国籍な雰囲気なのもいいので、わりと好きなのだが、きょうはちょっとあれということがあった。
 途中まで気持ちよく食べていたのだが、お客さんが来ないということもあってか、食べている途中でBGMを切って、仕込みをはじめた。文句は直接言わなかったが、客が居るときにそんなことするのはないと思うんだけどなぁ。
 あんまりネットで悪口は言いたくないし、中傷みたいに思われたくないので書かないんだけど、BGM切るのはないだろう。台風のときに来るお客さんこそ大事にすべき客だと思うのに…。
 普段はいいお店なので、こんなことはないと思います。わりと穴場ではあるので新宿3丁目から花園神社方向に出たときにはお勧めです。本部の人は客が1人になってもみっちり気を抜かないように指導してください。
(追記:案の定閉店しました…。2006.1現在世界の山ちゃんになっています)
●広告
ホットペッパー

コメント

  1. tx より:

    新宿店は閉店して世界の山ちゃんに変わっていました。