新宿5・6丁目の地形が気になる話



この記事は11年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

ソース(Cablog)

また同じソースからでなんなんですが、正月1/3は中川翔子(しょこたん)が末広亭の寄席に出てたんですな。知らなかった。俺のやってた仕事がもうちょっと続いてたら多分去年の春先には撮影してたんだけどなぁ。OKも貰ってたんだけど。力不足。

さてそんな私的なことはさておき、なぜか新宿の高低差を追い続けているCablogさんですが(蟹川は興味深かった)、今回5丁目・6丁目というちょっとマニアックなところの高低差に関して言及されています。低い場所はやはり蟹川の影響なのでしょうかね。あのへんはどこでも高低差があるので自転車で漕ぐときに、道を知ってると結構楽だったりするんだよね。

6丁目のあたりは、昔は夜暗くてタクシーの抜け道に利用されていたせいか、80年代頃の、当時のタウン誌「新宿マガジン」を見ると、とある道では霊感のある人は注意なんて書いてある。これは本当に出るというよりは、相当に昔は道が暗かったんだろうな。地形とは関係ないが。

神社のあたりが絶景だったであろう話を書かれていますが、このへんに関する文献ってあんまりないんですかね。古いと田んぼになっちゃうのかな。でも追分からそう遠い訳でもないしなぁ。

コメント

  1. 中川翔子の画像(無料画像)

    中川翔子(しょこたん)は、スーパー戦隊シリーズが…出身地 東京 性別 女 血液型 A型 無料の画像に