新宿パロマ事故、管理人室でも同型が

この記事は11年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

→ソース(日経)
パロマ(名古屋市)が販売した瞬間湯沸かし器による一酸化炭素(CO)中毒事故で、2001年に不正改造が原因で2人が死亡した東京都新宿区のマンションの部屋とは別に、管理人室でも同型器1台が見つかっていたことが4日、警視庁捜査一課の調べなどでわかった。(ソース部分引用)
大変いやな話ですね。ハーマンからも事故が出たりして、だんだん古い屋内ガス器具が信用できなくなってきました。まぁ歌舞伎町でも、くだんの15歳AV嬢を派遣した事務所関連の某飲食店とかで、炭の問題で一酸化炭素中毒を出したりしたともいわれる(※実話ナックルズの写真キャプションから推定)例もあるので、ガスだけが怖いというわけではありませんが。炭はつけてしばらくは屋外においとかないと、また通気も良くしないといけないのです。関係ない結論。

●裏新宿はこの場所に2006/10/1までのバックナンバーを置いています。理由はもともとのサイトhttp://tx.cocolog-nifty.com/がアカウント喪失する可能性があるためです。
●なお、2006/10/1以降の最新記事が読める移転先はhttp://urashinjuku.com/です。
●元記事は、ドメインのtx2の部分をtxに1箇所変えた同一アドレスとなります。旧サイトには概要しか残っていませんので、参照の必要はありません。
●コメント・トラックバックはご自由にどうぞ。ただしアダルト・SPAM・問題事項は削除します。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう