歌舞伎町でキャバクラの届出でマッサージ店「アプリコットガーデン」を経営していた男、逮捕

この記事は8年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(産経) (時事)

 同店は平成17年8月ごろ、都公安委員会から「社交飲食店」の許可を得て、キャバクラとしてオープン。しかし、昨年8月ごろに改装工事で個室を作り、無断でマッサージ店として営業していたという。改装後は月約1千万円の売り上げがあったとみられる。

キャバも全般になかなか厳しくなっているところがあるので、そういうこともあるんでしょうけれど、風営法的にはデリヘル以外の業態は正規では新規で作れないですからね。結果としてダマでやったことが摘発原因になっていたかと。でも、それでも1年近くも持つんですね~。歌舞伎町対策が節穴化しているという証拠かもしれません。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう