黄奕(ホアン・イー)、中国の雑誌で映画「歌舞伎町案内人」の時の事を語る

この記事は10年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(サーチナ中国情報局)

ウェネバー北京の転載記事。

(前略)見るものすべてが新鮮でしたからね。どれをと言われると難しいな。その中で、最も感動した出来事といえば『歌舞伎町案内人』ロケのラストかな。「これで終わった~」と思ったら、スタッフが「黄奕!もう1カットあるよ」って。考えてみたけど、どう考えても全部撮り終えてる。そしたらね。スタッフみんなが拍手で迎えてくれて、花束をプレゼントしてくれたんですよ。私みたいな外国人の女の子が、異国でもらったささやかな心遣い。とてもうれしくて温かかった。(以下略、ソースより部分引用)

これって前の日本版なのかそれともこれから作られるとか言われている中国版なのかしら。と思って調べてみたら、日本版のほうですね。李小牧氏は納得いかない出来とかに当時憤慨していた作品ですが、女優さんのほうはとても良い現場として納得、感動していたんですな。
まぁ最近はもう李氏も昔の映画は許しているようですけれど、そんな和気藹々だったんならそれはそれ、いいじゃないですか。

●楽天リンク

歌舞伎町案内人(DVD) ◆20%OFF!


■ホアン・イー■黄奕:第一個夏天(CD)



↑他の新宿情報ブログも見てみよう