ついに歌舞伎町のカプセルホテルに本当に住める時代に



この記事は9年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

ソース(歌舞伎町おまけブログ)

これはすごいや。しかしマンスリーホテルという逃げ道とはいえ、前家賃という言い方でいいのかなぁ。

確かにフルサービスついてきて毎日入れれば安いもんですが、むしろ回数券とかで通ったほうが安上がりなような…。浴槽的にはどこのカプセルホテルなのかは、今歌舞伎町サウナマニアの某知り合いに鑑定してもらってます。→(証拠はないのですが、おそらく510ではとのこと。)でも事情があって荷物がなかったらとりあえず1ヶ月くらいはお世話になろうとか考えちゃいますよね。光熱費込みだから電気代かかんなそう(笑)。郵便物は届くのだろうか…ランドリーってフロントのだったらパンツは洗えるのかとか、いろいろ疑問は残りますが…。備品がパンツになってるからそれを履けということでしょうか。まあ必要な人にはいいサービスではある。しかし不動産店で仲介するという展開は予想外。

こういう信じられないことが普通になる時代がもう少しでくるのでしょうか。

●参考リンク

すまいROOM

コメント

  1. KaoruTheDrunker より:

    写真からすると510だと思います。確かにいつ行ってもいる人が何人かいますし。
    ちなみに洗濯物はフロント扱いですがパンツもOKです。ただし浅いカゴにすり切りで800円する(シャツなんかきれいに畳んでくれる)ので、毎日使うには高いですね。

  2. tx より:

    すりきり制度っていうのは面白いですね。