ドンキホーテ(職安通り)の21世紀ホットク(屋台)に謎のキャラクター登場



この記事は11年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

21世紀ホットクのキャラ(C)巨山
▲クリックで拡大

特に店に新キャラがいるわけではないのですが、包み紙がいつのまにか運営会社巨山のオリジナル袋になって、謎のキャラが入ってました。どうやらハナロマートの運営会社の(株)巨山(ドンキと提携が深い企業)は「ハナロ」じゃなくて日本国内ではキョサンで呼び名を統一したようですね。袋の裏面のロゴにKYOSANって文字も入ってるし。系列店舗で「鐘路福餅屋」とか「鐘路本家」とか、ソウル市中心部の「鐘路」(ジョンロ)という地名を使うのはなんか、ジンクスみたいなのがあるんですかね。「ガム・ザ・コル」も同社の経営。

ホットク屋台でも、福餅屋の商品を販売してますね。

実はホットク屋台の左のハナロマート(店舗)では韓国系(自社)国際電話カードの他、成田行きのリムジンバスを買うと200円も安いし、南大門などででおなじみの激安ハンコ(1000円~)も作ってくれる。また大江戸温泉物語の韓国系総代理店でもあるので、なぜか大江戸温泉のチケットも買えるのだ。また日韓間の航空チケットも扱っている。

話は戻るがこのキャラ、だいぶ前にもどっかで見たことがあるんだけど、以前から地道には使ってたのかな。気がつかなかっただけだったりして。でも前は白袋だったしなぁ。

●関連サイト
巨山
巨山の21世紀HoTokのページ 87支店あってチェーンで20-35万(日)の売上げがあるとか。HoTokの支店、見たことないけど、ドンキと提携が深いこともあってまあ(そのくらいの数どこかに出店することは)わかんないでもない。

コメント

  1. 「ドクターフィッシュ、あります。」大江戸温泉物語

    大江戸温泉では「デトックス」をテーマに様々な施設を備えています。人気の岩盤浴を筆頭に、砂風呂・ゲルマニウム温浴・ラディカルデトックスなどの充実した設備が自慢。中でもユニークなのが、ドクターフィッシュ(魚のお医者さん)の足湯。ドクターフィッシュとは、皮…

  2. ドンキホーテ

    ドンキホーテの情報サイトです。

  3. 福岡の屋台文化

    福岡の屋台と他の地方の屋台をどうしても比較してしまいます。ちょっと失礼ですが、なにか安っぽく、面白みがなく、違和感を感じます。といっても、その場の雰囲気や味がいいとその土地も好きになってしまいますが。。。