宮古島の雑草がアトピー・花粉症に効果?新宿の業者が生産販売

この記事は11年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(日経・九州経済面)

河本氏は宮古ビデンス・ピローサ配合の錠剤による症状改善事例としてアトピー性皮膚炎、花粉症、ぜんそく、接触性皮膚炎などの具体例を挙げた。野村皮膚医科院(横浜市)の野村有子院長は、中程度以上のアトピー患者5人を対象にした錠剤投与による臨床結果として「3カ月で全員が軽症に改善し、副作用も認められなかった」と報告した。(前略、ソース記事部分引用)

最初はどうしても、アトピー関連産業等のイメージで眉唾な記事かと思いましたが、日経が書いてるくらいだからある程度信頼性があるのでしょう。
東京はアトピーの人が多いのですが、新宿1丁目にある武蔵野免疫研究所が、扱っているようです(小売はしていません)。それにしても、大新聞社なのに八束さんを8束って書くのはひどい。
●関連リンク
武蔵野免疫研究所は直リン禁止なのでgoogleの「武蔵野免疫研究所」の検索結果



↑他の新宿情報ブログも見てみよう