丸の内線東口-西口通路も様変わり。

この記事は12年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】


 かつて、新宿東口と西口をつなぐ丸の内線の通路沿いは、旅行会社のパンフレットブース(高さが1mもないシャッターが閉まるタイプで、その中に宝くじ売り場のように人がいてチラシがあるような、露店みたいな青い簡易ブース)が立ち並ぶ場所だった。戦争の影響などで旅行代理店がどんどんつぶれた時期にだいぶ業者が減っていたが、今ではこのようにちゃんとしたテナントブースに入って左端に生き残り業者数社のブースが固まっている。右のほうには洋服や食べ物、グッズなどの一般物販テナントが入っている(LUSHなど)。最近は地上通路ばかり通っていたので、様変わりしているのにしばらく気付かなかった。
 丸の内線の東口付近には生ジュースの物販コーナーがあるのだが、同じようにその後ろ側にもTHE CITY CAFEというフードコートが出来ている。情報はこちらが詳しい
 まるで池袋のスナックランドがおしゃれになったみたいなところなのだが、結構充実している。池袋スナックランドといえば、復活したらしい噂も聞きますが、倒産したとはいえどこいったんだろ里加商会。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう