さて明日から三の酉(2004/11/25~26)

この記事は12年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

25日が前夜祭
26日が三の酉です
会場は花園神社(ほか。Blogのテーマ上、掲載は花園だけに留めます)
ちなみに今年はこんな感じらしい
三の酉のある年は火事が多いとか……
熊手の意味合い
なぜ各地に酉の市があるのか
熊手も売り切らないといけないので安くなりそうな予感。
イキが好きな人は是非参拝&露店&見世物小屋で楽しんでいってください。
切山椒とか、今年になって知ったことが沢山ありました。
切山椒の意味
現物
 そんな新宿の底知れぬ闇の奥深さから、お祭りで気持ちよく仕事しているその筋に近しい方までを広く体験できるとても不思議なイベント。しかし、寒いけどあったかい空間です。お酒が飲める場所もたくさんあるし、タコ焼きもタコの大きい店が多くて美味しい。
 三の酉は平日だから、きっと参拝も一・二の酉ほどは並ばないで済むと思いますよ。
 参拝のウラワザとしては、早めに来るとか、終電後がおすすめ。さすがに終電間近になるとぜんぜん並ばないです。
 (しかし、露店のにぎやかさは終電では収まりません。公式には2時までくらいということになってますが、3時過ぎまで盛況…)
追記:
三の酉で気になったもの
・渋谷名物からあげ という屋台。いつどこで渋谷名物?(靖国通り沿い)
・マリアンのサインが幌にされている屋台(靖国通り沿いの入り口を入っていった参道の右側屋台)
・明治通り側の入り口すぐ左の占いおみくじ屋台で、印刷の色が何種類かあることに怒っている、テキ屋さん同士のケンカ。どうでもいい。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう