ホテルぎょえんの生まれ変わり?

この記事は12年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

 今朝はジャケット・クリーニングを出しにコマ劇場左隣の新宿東宝会館へ。ここのB2には深夜までやっている、「スピード・クリーニング」新宿工場がある。伊勢丹のクリーニングでもいいんだけど、取りに行くの忘れちゃうので。もう半年くらいワイシャツを預けているままだ。
 天下一品祭りの余波を貰いに(ストラップと100円引き券。昨日だったら1杯無料券だったのだが)天一歌舞伎町店へ。そこから、西武新宿駅の北口へ出る。
 
 北口向かいの「中華民俗料理村」のビルの上のほうに「レンタルルームぎょえん」があることに気づく。山手線を使っていた人なら、昔線路沿いに「ホテルぎょえん」というやたら味のある、つたのはっているような大型ラブホがあったことをご存知ではないだろうか。
 どう考えてもそこから100mも離れていないここで関係のない人が「ぎょえん」の名をつけるとは思いがたい。多分、「ホテルぎょえん」の生まれ変わりがここなんだろうなぁ……。と思ったけど、なかなか大変な目にあってるようで。こういうことがあってもそのまま営業できちゃうところが歌舞伎町なのだろう。某フリーライター殺人事件のとこも普通に営業してるしね。
「生き馬の目を抜く歌舞伎町」だからしょうがないのかもしれないけどね。普通の町ならこうはいかないだろう。
 あと、きょうは来がけに88円八百屋を見つけた。普通の八百屋だけど一部が88円か。場所は、かに道楽とかに道楽の間の路地。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう