迷うモンゴル少女

この記事は13年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

 早朝、職安通り(西武新宿駅北口界隈)の富士そばでカレーうどんを食べて、ドン・キホーテの前を仮眠用に2万5千円のマニフレックスを買うべきかどうか歩きながら悩んでいると、後ろから来た少々大柄な女子に道を尋ねられた。「新宿御苑前まで行きたいんですが…」
 御苑まではまっすぐな道がないので、途中まで案内しようと思った。話を聞くと、モンゴル出身で、「日本の経済が発展しているでしょう、それを知りたくて…」ということで、日本に来て1年少々となるそうだ。
 流暢な日本語がしゃべれるので目的地まで行けそうなものだが、交番で聞いた道とまったく違う方向を歩いていたらしい。(御苑前と職安通りじゃえらい違いだ。)普段は丸の内線で来るのだが、池袋からだと大回りなので、山手線で行こうということになったらしい。
 「JRで来たとき東口って出たところに表示ありますか?」と聞かれて、JR新宿駅は巨大すぎて大変だろうなぁと思った。確かに改札までは「東口」とは書いてあるだろうが、出てもなんでもかんでも「東口」と書いてあるわけでもないし、どこだかよくわかんないだろう。
 石原都知事も他国の人の怒りを買う発言なんかしている間に、もう少し分かりやすい都市表示板の整備をしたほうがいい。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう