百人町在住の農水省植物防疫課長が首つり自殺

この記事は8年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(読売) (時事) (毎日) (産経) (TBS/動画すぐ消えます)

17日午後3時5分ごろ、農林水産省植物防疫課課長の都倉祥夫さん(48)が、東京都新宿区百人町の官舎で首をつって死亡しているのを同僚が見つけ、119番した。

Click here to find out more!

遺書が見つかっており、警視庁新宿署は自殺とみている。(読売ソース部分引用・後略)

自殺は間違いないにしても、事故米と直接関係ないとはいえ事故米改革チームの中の1人ということで、さらに植物防疫課は農産物の病虫害防止や検疫を管轄する部署で、冷凍インゲンなどの冷凍食品の輸入検疫をする厚生労働省の検疫所とは関係ないとはいえ、悩みが業務に関係しているのか否かが気になるところ。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう