吉本に期待するのは新宿のパトロール? 違うだろ

この記事は8年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

→ソース(朝日)

いわゆる吉本が新宿に来て4ヶ月。街の清掃に参加するなど地元との接触の幅を広げ始めているという話から7キャンプシアターの話。で、歌舞伎町商店街振興組合がふるったコメントを出している。

歌舞伎町商店街振興組合の片桐基次副理事長(59)は「吉本のイベントが継続的に開かれるようになれば、街に笑顔が集まると思う。今後、パトロールなどの地元の活動にもっと参加してもらいたい」と期待を寄せている。

言ってることは間違ってはないが、ただでさえ若手芸人は薄給(新人芸人と吉本の間に雇用関係がないから文句は言えないが、リアルに数百円レベルからのスタート)なのにそこまでやらすなよ。ひどすぎる。

いまどきネタを拾うことすらしない芸人が多いから街に出そうという意味あいでは出してる吉本の意向はわからないでもないんだが、地域が吉本に仕事以外の部分を期待、しかも商店街振興組合がというと、どういう思考をしてるんだか残念だが僕には理解できない。

ボランティアは必要だがボランティアの力だけに頼る組織は構造がおかしくなるよ。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう