マクドナルドがメニュー開発の総合研究施設「スタジオM]を新宿区に新設、10月中旬より本格稼動

2012年8月24日

この記事は9年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(日経BPネット)

(前略)同施設はメニュー開発専用の調理場をはじめ、食品衛生に関する微生物検査を行う研究室、消費者向けの試食室などを備える。従来は本社にしかなかった社内教育機関の教室も設置する。

施設内では、マクドナルドの標準ドライブスルー店舗を再現している。実際の店舗と同様に使用可能な客室と調理場があり、店舗混雑時を想定した演習などを通じて効率的な作業方法を検証できる。

マクドナルドは同施設の本格稼働に伴い、都内各地の施設に分散していた研究開発の機能を集約する。これまで数カ月以上かかっていた新メニュー投入の準備期間を大幅に短縮するとしている。(ソース部分引用)

ドライブスルー店舗を再現! いったいどんな場所に作ったやら…。いちおうこういう施設だけに、原則は非公開なんだろうねぇ。(店員とかバイトが多いから時間が経てば漏れてくるとは思いますが)

●関連サイト
リリース「マクドナルド、総合施設「スタジオM」を新設
↑マックのサイト内でリリース記事みつけました。770m2、写真満載。店内まで再現してるし、教育用のルームまであるのがすごいわ。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう