あるある探検隊「レギュラー」松本、歌舞伎町で淫行疑惑、事務所は強く否定、FRIDAY誌には法的措置をとコメント

→ソース(スポニチアネックス) (ORICON) (デイリースポーツ) (日刊スポーツ) (アメーバニュース)

きょう(2007/9/28)発売のフライデーによれば、若手芸人に(レギュラー松本の来る飲み会に)歌舞伎町でに誘われ、22歳と偽って参加。カラオケボックス後ホテルに連れられ、さらにホテル代の5000円を返して貰っていないとのこと。事務所は調査の後否定。

(デイリースポーツソースより部分引用・前略)
また、ホテルに入る際に手持ちの現金がなかった松本が「カードを使うと(昨年6月に結婚した)奥さんにバレるから使えないんだ。5000円だけ貸してくれない?」と申し出たという。松本のケチっぷりはネタにされているほど有名で、こんな形で“証明”されてしまうとは…。
同誌の直撃に、松本は「わからないです…」と返答。所属の吉本興業は本紙の取材に「事実関係を調査中」としたが、同誌には「ホテルにはA子さんに誘われて行っただけで、淫らな行為もしていません。逆に、『嵌(は)められたのではないか』と思い、松本は寝たふりをしていたと言っています」と説明している。

事務所のはめられたという発言はどうかなぁ。最初の時点でそこまで詳細に知っているものか?

ルミネが東京拠点になってからわりと歌舞伎町で「ヨシモトの芸人さん」のプライベートを見ることが多いですが、歌舞伎町では主要マスコミの人が殆ど飲んでるので、目撃情報が入れば、写真週刊誌はすぐ動きますよ。

「入口がわかりづらい店」で、かつ「個室がある」ところが比較的安全だと思います。

でも遊びなれてる芸人は新宿でも大久保デートなんだよね(HGとかもそうでしたね)。日本人少ないから。

その後の事務所の否定発言はオリコンのソースを参照。ネットでは芸能御用機関であるオリコンくらいしか現時点では報道してないですね。淫行疑惑は(極楽とんぼの山本の時のように)芸人として終わっちゃうので、皆ピリピリとするでしょうし、明らかに訴えを起こされているなど負けられる状況でなければ全力で抵抗するでしょうね。

最近高田馬場がきれいになったように感じるのには「これ」も理由にあるかも

→ソース(早稲田ウィークリー)

最近高田馬場は駅舎にだいぶ改造を加えて、エスカレーターやエレベーターも整備されだいぶきれいになりました。また、BIGBOXも改装でだいぶ変わりそうですが、僕も久々に馬場で大阪の友人にあったら「久しぶりに来たけど、高田馬場だいぶきれいになりましたね」と言われました。高田馬場といえば最近まで休止していた火事にあったオリンピックも復活営業開始、また「ババにしまむら?」というなかなか最悪なキャッチコピーで参入してきた地方で有名な服の激安店「ファッションセンターしまむら(大丸ピーコック内)」の出店など、どんどんと変貌を遂げつつあります。

で、本題。

…実は高田馬場でもお掃除してる団体がいるんですね。早稲田大学絡みのようですが。しかしロッテ協賛というのは豪勢ですな。

MAX ぼったくりとかかれた貼り紙

が、昨日、新宿2丁目と3丁目の間にあるメガネドラッグの交差点に風で乱舞していました。飛んでいたので、午後2時過ぎには捨てられてしまったようですが。

このへんにマックスグループの本拠地でもあるんですかねぇ。

東京クリニック立ち入りの影響か、リタリンを薬局などに適正使用徹底を通知、うつを対象からはずす方向で発売元も検討

→ソース(読売)

向精神薬「リタリン」について、厚生労働省は21日、都道府県を通じ、適正使用を徹底するよう全国の医療機関・薬局に通知した。

 リタリン(一般名・塩酸メチルフェニデート)には、興奮・覚せい作用があるため、若者を中心に乱用が広がり、社会問題化している。通知は、各機関に対して適切な診断と処方を促すと共に、掛け持ち受診による大量処方や処方せんの偽造がないかの確認を求めている。(以下略・読売ソース部分引用)

すごいなぁ、東京クリニックに立ち入り検査直後に国が動いてるよ。珍しいことです。

毎日が以前の立ち入り検査で詳しい記事を出してますね。
(記事1) (記事2)

(記事1部分引用)依存性の高い向精神薬「リタリン」の乱用が広がっている問題で、東京都と新宿区保健所は18日、適応症でない患者にリタリンを処方していたとして、医療法違反(不適切な医療の提供)の疑いで新宿区内のクリニックへの立ち入り検査を始めた。医師の裁量が幅広く認められている医薬品の「処方権」に踏み込んで検査を行うのは極めて異例だ。(中略)都医療安全課などによると、東京クリニックはリタリンについて▽十分な診察もせずに処方▽適応症は難治性・遷延性うつ病なのに、軽症のうつ病患者にも処方▽依存症など副作用の経過観察を怠っている--など、医療内容が不適切である疑いが強いとしている。(中略)このため同保健所は、口頭や文書で過去10回にわたり行政指導をした。しかし、その後も、適応症のない患者にリタリンを投与したり、同クリニックでリタリンを処方された患者が幻覚・妄想状態となって都内の病院に入院したとの情報をつかみ、医療内容の改善が図られていないと判断した。

 東京クリニックは04年3月に開業。医療法違反の疑いが指摘されていることについて、伊澤院長は毎日新聞の取材にクリニックの職員を通じ「取材には一切応じられない」としている。【精神医療取材班】

(記事2部分引用)◇検索トップに表示 院長応援サイトまで

 15日夜、日本最大の歓楽街、新宿・歌舞伎町。酔客や観光客を横目に、利用者が東京クリニックのある雑居ビルに次々と入っていく。その多くは10~20代の若者たちだ。10分ほどで出てきた利用者は、処方せんを片手に、近くの調剤薬局に向かう。受け付け終了の午後8時近くになっても、患者が途切れることはなかった。

 中野区の男性会社員(35)は7年前からリタリンを服用して依存症になり、さらに薬の量を増やそうとインターネットで医療機関を探した。「リタリン」と打ち込んで検索すると、トップに「東京クリニック」の名前が表示された。ネットにはリタリンをすぐに出してくれる院長の「応援サイト」まで作られていた。(中略) 東京都と新宿区保健所が、薬に関する医師の処方権に踏み込んで医療機関を立ち入り検査するという異例の対応をとった背景には、東京クリニックと同様、不適切な医療行為をしている疑いのある医療機関に、警鐘を鳴らす意味が込められている。

 薬の処方は、医師法により、医師の裁量に任せられている。とりわけ精神医療の分野では、医師による薬の処方が治療の大部分を占める。これまで、行政機関が聖域ともいえる「医師の処方権」に踏み込むのは「考えられないこと」(新宿区保健所幹部)だった。

 しかし今回は、リタリンの処方について同クリニックに明らかに問題があると行政側が認定した。同区保健所が繰り返し行政指導しても、医療内容が改善されることはなく、「これ以上放置すると、逆に行政の責任が問われかねない」(都幹部)との判断があった。

 業界関係者によると、抗うつ剤の市場は06年度で875億円で、5年前の2倍に増加。精神科クリニックも乱立している。医療関係者は「政府が年間3万人を超える自殺者を減らすため、うつ病の治療や予防の対策に乗り出し、抗うつ剤が使われやすい環境の中で、安易に処方されるケースが目立つ」と指摘する。実際、リタリンを不適切に処方する医療機関は相当数に上るとみられる。

 国や医療機関は、今回の立ち入り検査の意味を真剣に受け止める必要がある。

政府責任にするのはどうかとは思いますが、毎日の夕刊記事(だけということはないでしょうが)でも国や会社が動くんだなぁ。

カジュアルすぎないか裏スロ

裏スロットの人がいきなり声をかけてきたよ、「キャバクラかおっぱいパブか裏スロ」か、みたいな両面営業。まあそういう営業方針ということは、キャバ系も経営サイドは堅気ではないことが想像できますが、セットで営業するとは驚いた。昔はもっと慎重なものだと思っていたのだが、裏カジノも。

歌舞伎町じゅうを歩いていれば1回は声をかけてくると思うよ。

で、こんなカジュアルになっちゃっていいの? 以前はそれこそ知り合いの紹介とかがないと入れないような、セキュリティチェックの厳重なものだと思っていたのだが。

この軽薄な声のかけ方で思い出したのは最近すっかり元気のなくなっている裏DVDやさん。彼らがもうあきらめて裏スロ屋になってるのかね?

歌舞伎町のホスト60人を集めて指導(実質的説教)

→ソース(朝日)
 警視庁新宿署の会議室に集まった茶髪のイケメンたち。室内には香水のにおいが立ち込める。客引きに歯止めをかけようと、同署が歌舞伎町のホスト60人に呼びかけた。(以下略、朝日ソース部分引用)

こういうのに従順な協力派なんだから、むしろ来ない人たちを見せしめするべきなんじゃないかと。確かに昼は店上がりとかだから、(ここで起きてるのは)厳しそうだね。

いわゆるスカウト系は一掃する条例が都で上がっているのだが、大体客引きだって既に禁止されてるのに客引き自体は無茶苦茶いてどこが実効性? と思うのだ。

ホストに関して客引きを禁止しても、毎日のようにガンガン引っ張らないと改まらなさそう。

歌舞伎町の歩き方(歌舞伎町通信)様、musmmd様、言及ありがとうございます。

新宿南口で1時間並ぶなら、クリスピークリームドーナツは飛行機で羽田から2時間のソウル・明洞(ミョンドン)で食べると並ばないよ

→ソース(ソウルナビ)

韓国には2005年時点で既にできて、現在約15店もあるので、かなり大丈夫。しかも弘大(ホンデ)店は24時間営業だから24時間クリスピークリームドーナツが食べられます。すごい。

日本人はリヴァンプの店舗数コントロール策に乗せられてるんじゃないかなぁ。

韓国観光のついでに行くといいと思うよ。日本撤退してるダンキンもあるし。

AB-ROADの「いま、空前のブーム!韓国ドーナツ大戦争」によれば
東京の行列とは違い、簡単に買えるため韓国みやげとして大量購入している姿も目立つそうです。韓国のドーナツ市場は年間2000億ウォンの経済効果があるとか。

ちなみに最初のソースにある、ソウルナビの記事は小公店。

住所 : ソウル市中区(チュング)小公洞(ソゴンドン)1番地ロッテ百貨店地下

<支店情報(ソウル市内)>
○明洞-
明洞店(明洞Ava tar向かい側の並び・775-1470)
AVENUEL店(ロッテ百貨店名品館AVENUEL6階・ 2118-6202 ※売場での生産無し)
○新村-
新村店(新村の元シンナラレコード前の横断歩道を渡り、THE FACE SHOPを右に見ながら新村汽車駅方面へ少し歩いた右側にあり・362-1470)
○弘大-
弘大店(弘益大学正門前を右に行くと右手にあり・326-1470)
※弘大店は24時間営業
○狎鴎亭-
狎鴎亭店(狎鴎亭駅4番出口を出て2つ目を右・549-1470)
○蚕室・ロッテワールド-