夢ー歌舞伎町物語が本日より公演/ダブルハッピネス



この記事は12年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

きょう(2006/5/17)から21日までは「夢ー歌舞伎町物語」の演劇公演がシアターアプル(導入部:シネシティ広場)で行われる。詳細はこちら
(追記)ものすごく忙しくて私はいけなかったんですが、歌舞伎町るねっさんすBlogに「もう十分」というほどの長いレポートがあがっています。いい感じでの横の交流にはなったようですね。
あとこの演劇のモチーフになっている鈴木喜兵衛(歌舞伎町の名づけ親)のひ孫さん、「杉山文野」君(女子だけどトランスジェンダー)の初著書、ダブルハッピネス(講談社)が発売。(一部では17日と聞いてましたが、アマゾンでは19日。多分早売りしてるところもあるでしょう)うちのブログにもコメントつけてもらってましたけど、たまに街中でも見るのですが、失礼ながらいままで男子だと思ってました。ごめん。

●関連サイト(夢ー歌舞伎町物語)
東京ギンガ堂
大沢樹生
李小牧
品川能生ノート 演劇系にありがちだが、まったく更新されていない。
シアターアプル 劇場での取り扱いはないようですね。劇団に電話するのがいいのかしら?
●関連サイト(ダブルハッピネス)
あばうとSEX
僕の歌舞伎町日記
●広告
李小牧の本を検索(Amazon)
ポイントを貯めてパスネットと交換 ★東武鉄道「102@Club」☆

コメント

  1. フミノ より:

    宣伝ありがとうございます。男に見てもらったほうが好都合なのでお気になさらずに。今度見かけたら声かけてくださいね。ではでは。

  2. tx より:

    売れてますね

  3. tx より:

    読みましたよー。
    鮮烈なカバー下の表4側にびっくりです。
    できれば最近の恋愛事情にも触れてほしかったですが
    等身大の本としては大変読後感がよかったです。
    某沖縄のT氏が出てきたのには驚きましたが。

  4. 「もう十分」なほど長くなってしまってスミマセン^^;
    ブログにも書けないことはたくさんありますが、それでも活字と違って、限られたスペースに文字を詰め込むという作業でない分、ついつい・・・でも、それが個人的にはフラストレーションを開放する手段でして。
    このたびも、いろいろと記事のご紹介いただき感謝しております。