新宿区暮らしのガイドはとんでもなく歌舞伎町軽視



この記事は11年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

暮らしのガイド
新宿区に転入するともらえる「暮らしの便利帳」、今年から「新宿区暮らしのガイド」となり、民間企業協働の一環として、サンケイリビング新聞社の発行となり、宅配配布となった。

当然民間ということで広告が増えているものとなっている。それはいいのだが、しかし、「歌舞伎町」に関しては「新宿東口」の中扱いで「店舗がわずか2件しか掲載されていない」上に、他の中記事に関してもほとんど「歌舞伎町については触れられていない」(歌舞伎町イルミネーションのみ。エイサー祭りは前半には問合せ先が歌舞伎町商店街振興組合になっており、後半記事では実行委員会になっている体たらく)。

歌舞伎町は新聞社系の広告会社が得意としない分野ではあるだろうが、これはちょっと酷くないか。

これならまだ「スターツ」辺りが編集して「ぱど」が配布したほうがましだなぁ。

あとセクションが違うとはいえ、別途今後(一部地区はテストでもっと早い)「ゴミの分類が変わる」チラシが、同じ町内でも入ってるところと入ってないところが出ているので、こういうのと一緒に撒いてほしかった。

ごみのヤツはうちの知り合いの事務所には来てたけどまだ自宅には配布されてこないですよ。大筋は今後いままで燃えないごみ類に分類していたビニール・プラ類が燃えないから燃えるに変わって、資源分類が細かくなる感じだったように思うので、結構重要な告知だと思うんですが……。

コメント

  1. 読者 より:

    新宿区では、平成19年度7月からプラスチックの再資源化を推進するため、下記の~モデル地区~に於いて、「容器包装プラスチック」の資源回収を行い、容器包装以外のプラスチック及びゴム、皮革製品については可燃ゴミとして収集します。
    [モデル地区]
    市谷薬王寺町58~85番地
    市谷柳町8~11、24~35、47番地
    榎町79番地
    喜久井町
    原町1丁目14~17番地を除く区域
    原町2丁目1~8、9~12、30~43番地を除く区域
    原町3丁目1~10、84~89番地を除く区域
    馬場下町
    弁天町32~103番地を除く区域
    山吹町332~366番地
    若松町
    早稲田町
    早稲田鶴巻町545、546番地を除く区域
    早稲田南町
    下落合2~4丁目全域
    中落合1~3丁目全域

  2. tx より:

    どもです。

  3. To より:

    osaka 光 ルネッサンス

    大阪に住む友だちから「去年、osaka光のルネッサンスっていうイベントに行ったよ」というメールが届いた。
    彼女の口にした「osaka光のルネッサンスというのは大阪で行われているイルミネーションのイベント。