歌舞伎町で「mixi」UFOキャッチャー愛好コミュニティのOFF会がなぜか新宿経済新聞に掲載



この記事は11年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

ソース(新宿経済新聞)

mixiの特定コミュでも猫系のキャラが前面になるのが興味深いのだが、ネットのOFF会自体はものすごく新宿では開催されているので(私もかなり出たし取材もしてる)この人数はそんなに珍しいことではないと思う。

というか、新宿の経済にこれはどう影響しているのかの考察くらい欲しい、「経済新聞」にしては、これちょっと珍しいから取材したよ!くらいの、ちょっと踏み込みが物足りない記事。

新宿が使われる率が高いのはこのくらいの人数になってもワンフロアに収まる施設がたくさんあることで、そういうので有名なのはいちばん有名なのはCODEを借り切った「2周年記念@2ちゃんねる祭り」(2001/7/28) とかかな。

そういう施設は使わないのにしても大規模なネタOFFみたいなのが昔は歌舞伎町ではたくさんあった。

今なら確実に警官だらけになってしまう2chの「新宿で居酒屋の誘いにものすごい人数で付いて行くオフ 」(2002/9/13)=探偵ファイルのレポート1 「吉野家祭り」(2003/2/22ほか)とかですかね。

まあこういうのは厳密には集団心理による暴走もあるのでオフ会というのもどうかとは思うけど、これらの1/4くらいは歌舞伎町での飲み会に流れていくので、4年くらい前まではこんなのもありな空気でした、新宿のオフ会も。

コメント