2006/12/14 職安通りに「東京黒潮市場」オープン



この記事は11年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

ソース(新大久保観光企画)
(追記)公式アナウンス

以前は小滝橋通りのほうにあったお店ですが、職安通りに現在作っている協栄ボクシングジムの路地の脇の所~看板業者間の(職安通りのドンキと赤札堂の間といったほうがいいかしら)新しいビルに、激安生鮮品の黒潮市場が入るようです。(併設のkマートってどんなお店なのかしら)

あそこのビルの完成予想イラストを見たことがありますが、もっと韓流ぽい仕上がりになる予定だったみたいですけど、「黒潮市場」だとだいぶ印象が違いますね。飲食店の人たちは仕入れの場が1つ増えるので喜んでいるみたいですけど、職安通りスーパー類多すぎ。

赤札堂、ドンキ、韓国広場、ハナマサ、南大門市場。
歌舞伎町寄りに1店でも出てくれないかな(ドンキは歌舞伎町の店の地下に少し食品はあるが、歌舞伎町の入り口のお店は生鮮もないしスーパーとはいえない)。

エニイがなくなり、ポロロッカ撤退後、
歌舞伎町のスーパーは塩田屋だけで(さんごんは酒屋だし)真空地帯です。

●関連記事
2006年12月9日
黒潮市場と一緒にオープンするKマートは韓国食材店

コメント

  1. ネタ蔵 より:

    新宿のネタ

    新宿のネタを追いかけるヨ!

  2. 雉棟 より:

    赤札堂は生鮮ありますけど、微妙なんでしょうかね。。。

  3. 匿名 より:

    赤札の生鮮、僕は安いのでたまに買いますけど、業務用にはあまり買わないですね。
    黒潮と一緒に入るK-MARTがどういうのなのかが気になります。

  4. tx より:

    大久保の店舗はK-mart撤退にまきこまれる形で閉店しました。