新宿に巨大手芸エリアが出現

追記★新宿三越アルコット、地下のABCクラフトは、無くなりました(現在はビックロ)。新宿店ABCクラフトの一部は、今後は東中野の手芸店アンジュで取扱詳細アクセス(2012/10/9)

ソースは東京カワイイ.tv(NHK)たぶん再放送

新宿に「一大手芸エリア」が出現した、という。

・もともとあったオカダヤ(新宿東口アルタ左裏手)は昭和2年開店で服飾系学生、スタイリストがターゲット。もう1つの顔はランジェリー専門店でもある。俺も昔は撮影の仕事で(下着を)よく買いにいってました。

・新宿東口を右に進んで「新宿三越アルコット」地下3FのABCクラフトは、大阪から進出。女子高生など手芸初心者がターゲット。

・南口タカシマヤタイムズスクエア内に出店したユザワヤは、郊外型の大手。20-30代 社会人女性がターゲット。

なるほど手芸店が増えている印象はありますが、もともと新宿は文化服装学院とか、モード学園とか服飾系の環境を要する学校が多いですものね。昔3丁目の角にも布地を売ってるお店がありましたが建替後どうなったのかな、、 

手芸屋カタログ―東京都内と江ノ電沿いにある手芸材料が買えるお店66手芸屋カタログ―東京都内と江ノ電沿いにある手芸材料が買えるお店66
著者:アトリエロッジ
販売元:東京地図出版
発売日:2009-11
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

 



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



2 thoughts on “新宿に巨大手芸エリアが出現

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA