新宿が載ってない、海外の東京案内ガイドブックに驚愕

ちょっと韓国に行っていたのですが、書店で全部の東京観光ガイドブックを読んで、ちょっとした異変を発見しました。

大手書店店頭には10冊くらいの東京ガイド本があったのですが、なんと新宿が「その他」に入っていたりしたのが1冊(小さい地図+2店舗程度の紹介にとどまる)、そもそも載っていない本も2冊。

他の本でも、まずトップに採り上げられているものはほとんどありませんでした。

そもそも韓国にも縁が深そうな新宿、なぜガイドに出ていないのか。

 

これは東京に来る層が多分に、アジアの場合は女性の10-20代であろうと思われるところ。彼女達を対象にガイドを出しているところは、間違いなく表参道から入り、自由が丘や下北沢など、結構マニアックな女子スポットを巡るから。

あとは新宿にはファッションスポットはあるものの、お洒落性が皆無であることがあるかと思う。また相対的に新宿の価値が低いのかもしれない。

僕は、軽くショックを受けました(まあもともと、新宿を観光で訪れる人は中国人のほうが圧倒的に多いのですが)。

ちなみに、大久保エリアが大々的に載ってる本もほぼなかったのは、あえて観光で来てまで韓国人エリアに行く必然性がないせいもあるのだろう。

 

しかし、新宿が思いの外東京での観光ポジションでの優先順位を下げられていたことに驚きました。やっぱり新宿は外国人観光については、対外広報(これら各国の出版社にリリースを流すなど)をもっとすべきだと思いますよ。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



3 thoughts on “新宿が載ってない、海外の東京案内ガイドブックに驚愕

  1. 副都心線開通で池袋が地盤沈下するだとか渋谷の方がヤバいだとか言われてましたが、
    本当は東京全体で見ると新宿も同様で、地盤沈下の危機なんですよね。
    再開発は都心区が圧倒的だし、リニアは品川駅に決まってしまったし、
    新幹線の新宿ルートの話は立ち消えになってしまったし…。
    中長期的にみて新宿が拠点性を保ったまま持続的に発展できるのか心配です。
    今後、東口のまちづくりが具体化してくると思いますが、危機感を共有して、
    観光客を誘致できるような良い計画をまとめて欲しいです。

  2. 新宿って、多分こっちの「テンダーロイン地区」みたいな扱いなんじゃないかしら。
    麻薬の密売とか銃の発砲があるから、行くなといわれてるんですけど、こないだ夜行ってみたら、別にふつーに新宿みたいな場所でした。

  3. 新宿って、地区としては過去投資対象に常々なってきたからか、やや天狗なんですよね。
    でも実際、副都心線以降は新規乗り入れとかないし、再開発もなにやら、既に思い出横丁は頓挫してますし、ゴールデン街もはっきりしない。建物リニューアルは進まない。これからどうなのかなぁ? 空中を活用した南口界隈のほうが、JRの再開発ビルがさらに増えて、メインになりそうな勢いです。
    関係ないですが、昨日、某とんかつ店に行ったら観光ガイドブックもって「とんかつ」を食べにきた中国人(台湾?)の女子グループが(ガイドブックの漢字による日本語表記通りに「おーかーんーじょう」とか言ってて面白かったです。
    こういう無邪気な観光に来た人たちが楽しめるような街になればいいんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA