漱石ギャラリーの土産物の月餅が人気

ソース(新宿経済新聞) (トーチュウ)

新宿経済新聞に、夏目漱石生誕地にある「生誕地で見る漱石ギャラリー」という期間限定会場のみやげ物が人気、というねたが載ってました。あとの他の新聞は共同通信社経由の全国配信ぽいですね。

月餅は、区民らによる「漱石山房を考える会」が、漱石のパネル紹介と初版本などを展示するギャラリーを開くにあたり、新宿中村屋に製造を依頼したもの。喜久井町の地名の由来ともなった夏目家の菊をあしらった家紋「菊井桁」が配されている。価格は1箱6個入りで870円。

 6月4日のオープン以来、これまでの入場者数は500人を数え、月餅は100箱を超える売り上げを記録している。オリジナル月餅の販売は同所だけであるため、地方からの発送依頼も増えてきたという

 同会副会長の加藤さんは、「新宿にゆかりの深い漱石と、新宿でも代表的な老舗の中村屋とのコラボレーションが奏功して、漱石は新宿を代表する文化人ということを改めて多くの方々に発信する力強いツールとなっている」と話し、同会で今後行っていくイベントをはじめ、漱石に関連したイベントなど、販売網の拡大も検討しているという。

くる人の1/5程度の量は売れているというのはすごいですね。ビジネスとしては驚異。販売に関しての参考にはなりますが、団体としてどういう位置づけなのかはわかりませんが(HPを見たところNPO申請中で、新宿区の協働事業に応募して活動している感じですが)、NPO認可が出ない間に大きな利潤が発生するのもどうなのかなという気はします(むしろ中村屋店頭で売って欲しい感じ)。もしかしたら(事業収益は)区に行くのかな…。

ギャラリーは7月30日まで。10時~18時、無休だそうです。

漱石山房
新宿区夏目漱石生誕140年記念事業 index.html(またはindex.htm)から始まってないのは、新宿区HPのアクセシビリティからしてどうかと。
同夏目漱石生誕140年記念事業スケジュール一覧



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA