渋谷の下半身、新宿の胴体とDNA一致

ソース(読売) (朝日)

さて残りはどこに…

ところで
スポニチのソース(注:DNA一致情報ではない)だと

民家は門が鉄格子状でかんぬきがかけられていたが、門から左に約1・5メートルのところにあるくぐり戸が無施錠で、ここから入って遺棄したとみられる。遺体は門から7、8メートルの家屋の玄関近くにあった。付近の住民たちによると、民家にはかつて高齢の女性が暮らしていたが、7~8年前に死亡。これ以降、表札は外され、空き家になっていた。「ずっと誰も住んでいなくて、お化け屋敷のようで怖かった」と語る住民もいる。

 だが、最近になって人の出入りが目撃されており、住民らは「ここ1週間の間にカジュアルな格好をした若者が家に入るのを見た」「25日に家から人が出てきた」と証言。また「2カ月前から夜になると200メートルほど離れた駐車場に不審な白い軽トラックが止まっていた」「現場近くに2、3日前、近所では見たことがない白い乗用車が駐車していた」との情報もある。(スポニチの上記ソース部分引用)

とあるが、こんなことが書いてあって、まったくどこかの前報にあった「音楽関係者が住んでいた」ような情報がないんですが…カジュアルな格好をした若者、じゃないしなぁ。どっちが正しいのか。けっこう、書きとばすもんだなぁ。

(追記)ああ、毎日のソースを見ると

同課によると、現場は同じ敷地に2軒の民家が建っており、道路から入って手前は空き家、奥の家屋には男性(49)が1人暮らししている。遺体は、空き家の玄関脇の地面に放置されており、男性は気づかなかった。(上記ソースより部分引用)

とあるので、多分スポニチは奥の家は関係ない、という前提で書いてるのね。複数ソースみないとよくわかんないなぁ。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA