都庁前駅で倒れた男性、AEDで救われる



この記事は12年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

ソース(産経)
見落としてました。

東京都新宿区の都営大江戸線の都庁前駅内で十六日、自動体外式除細動器(AED)を使った駅員の迅速な手当てで、心肺停止だった都内の男性(65)が一命を取り留めた。(ソースより部分引用後略)

とのこと。奥さんが「倒れたのが駅でよかった」とコメントしてますが、自動体外式除細動器(AED)、公共施設などでたまに見ますが、それなりに役立ってはいる様子。
●広告
『価格.com』で証券オンライントレードを徹底比較!賢い資産運用はコチラから。

コメント

  1. 明鏡止水 より:

    大江戸線都庁前駅で救命される

    きのうの16日、都営大江戸線の都庁前駅でAED(自動体外式除細動器)を使った駅員