路上喫煙禁止を訴える方々



この記事は12年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。


本日は伊勢丹前の交差点でした。昨日は伊勢丹でも三井住友銀行前でしたが…。
歌舞伎町の客引き禁止条例も同じくらい力を入れてほしいもんですが。
そういえば今日の15-17時は「歌舞伎町ルネッサンス」の会議が区役所では行われておりまして、伝説の四葉会(=シネシティ界隈の巨大ビルを持たれている方々の集まり)の方々からの発言があったらしいのでしらっと見学に行きたかったのですが、忙しくて行けませんでした。なんか大物は見たい気がするじゃないですか。広報等を担当されているてらたにさんの「歌舞伎町るねっさんすBlog」の更新に期待しましょう。
●関連サイト(路上喫煙禁止)
Anti-SmokeSiteBLOG
禁煙席ネット
この2サイトを見ると実効性が薄いのは罰則がないから? と思えますね。

コメント

  1. ^^;ご期待に沿えるかどうか・・やっとアップいたしました。度々、TBありがとうございます。

  2. tx より:

    今回は報告会といった趣で、決まったことは少ないのでしょうか。読む限りそういう印象なのですが。

  3. そうですね、ここ半年のルネッサンスの流れとしては違法風俗と空きテナント対策としてのなにかしらの具体的施策に重点があったと思います。KIHEIプロジェクトについては承認事項として決議されましたが、日ごろ自分のブログを読んでいただいている方には新鮮味はないかもしれませんね。今回の会議で明らかにされたように、四葉会再開発が「ある問題」によって一時膠着してたことにあります。再開発がどういう方向に向かうのか、スケジュールはどうなのかが見えてこないため、必然的に街への投資も促しにくい、それでもルネッサンスのベクトルを貫こうとすれば地域はふんばるしかない、という状態だったと思います。ポイントは四葉会が東急を軸にして本気になれるかどうか、少なくともそれを佐藤会長はその決意を示したわけです。四葉会再開発に比べれば空きテナント対策は結果が出ない限りつけ刃、浄化作戦に対するありばい作りともいえなくもない。(自己否定になってしまいますが)
    ただ、KIHEIと四葉会の再開発がかみ合えばいい方向に向かうのかな、と同時に街場の苦労をどう還元するかを議論するのは2時間は短すぎるのかもしれません。ルネッサンス推進協議会の「有識者」の持つ役割は役割としてそれを否定する必要はないのでしょうが、今後はもっと具体的な案を現場の声で議論していく必要があると思っています。