3mのフレディ・マーキュリー像、歌舞伎町シネシティに登場&コマ劇場が黒色に改装



この記事は13年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

ソースはこちら(サンスポ)
読売(写真あり)
毎日(写真あり)
ロックバンド、クイーンの故フレディ・マーキュリー像が4月18日除幕された。ミュージカル「WE WILL ROCK YOU」が5/27~8/24までコマ劇場でロングラン公演されることをきっかけに空輸された。8/24までまで設置される。像は高さ3メートルある。今回のこの除幕式は、歌舞伎町ルネッサンスのキックオフイベントをかねているそうだ。サンスポの報道によれば、2000人の動員とか。アミューズ会長やベッキー、インパルス、新宿区長、歌舞伎町商店街振興組合長などが出席。
中山区長談「私もロック大好き。映画祭だけでなく、音楽でも盛り上げたい。クイーンをきっかけに足を運んでもらい、文化を発信していきたい」
……音楽で盛り上げるなら、もっと箱作ってくださいよ。
これにともない、コマ劇場の外装がいままでの親しまれてきた緑色から黒に変わったそうです。おとといコマ劇内の食堂にフライ食べに行ったときは気がつかなかったよ。
コマ劇場サイトでの報道、チケット予約もこちらから
歌舞伎町商店街振興組合
キックオフイベントとしての報道(朝日東京版)

コメント