ゴールデン街裏の旧新宿区立四谷第五小学校が吉本興業の東京本部に



この記事は11年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

ソース(東京新聞)

新宿5-18-21 の四谷第5小学校跡地(現在新宿区役所の第二庁舎名目になっているが、あまり使われていない。不法自転車等の移動場所にもなっている。また遺跡調査等にも使われていた)が「吉本」になるようだ。

吉本興業側はもともと新宿南口のルミネに劇場を持ち、東京側の拠点の1つとして重視している。また、最近歌舞伎町案内人「李小牧」等とミュージカル公演の話をしていたり、喜兵衛プロジェクトがらみで劇場設置にも色目を見せていただけに、「区がらみ」での招聘で歌舞伎町への移転は実質的には良いことかと思われる。吉本側にも思惑があるんでしょう。

実際吉本の若手タレントの多くを最近歌舞伎町で見ますし、新宿沿線に住んでいることが多いようです。

ものすごく昔の興行の歴史を良く知っている人には、西の吉本が歌舞伎町至近に来ることには微妙な側面もありますが、「(お笑いで)どこも逆らえない事務所」であるところの最大手・吉本が新宿、しかも「芸能浅間神社」の隣に来ることで、いろんな側面が活性化されそうです。前のエントリで書いたねこ膳も急に流行るかもしれないですし。

とりあえず練習場にも使いやすいので、いいとは思われますが、問題はセキュリティ面かなー。

街が大きく変わりそうですね。

区のコメントがなかなか間違ってる。

歌舞伎とお笑いということで、喜兵衛の夢とは少し違うが、文化を軸にした街をつくりたい気持ちは共通。波及効果で、周辺に芸能関連会社やタレントが集まるようになれば、街は大きく変わる(ソース部分引用)

おいおい、芸能関係会社が集まったら逆にまた芸能詐欺(事務所)や暴対が…。
僕も芸能関係にお金をたくさん払ってた時期がありますが、結構右側や特定のとある場所と繋がってたりして、大変だってば。上場してるとこが来る分には表立っての繋がりは出せないのでいいと思いますが…。

現在の吉本東京本部は 東京都千代田区神田神保町1丁目14番タイセイ吉本ビル にある。「小学館」など出版社とパイプが深いのはそのへんの関係か。

コメント

  1. 右から左へ受け流すの歌(ムーディ勝山)

    右から左へ受け流すの歌という歌を先日エンタの神様というお笑い番組で見た。
    歌っているのは、お笑い芸人のムーディ勝山という人。

  2. しょこたん驚愕の腐女子アイドル登場

    すげー女がいた」
    ブログ女王、しょこたんこと中川翔子ちゃんにそう言わしめたという。

  3. 芸能ニュース熱愛情報

    芸能ニュースの熱愛情報を中心にお届けします。トラックバック歓迎です。

  4. FWは高原1人だけ あるぞ1トップ

     俊輔が、高原が帰ってきた。日本サッカー協会は19日、3月24日のペルー戦(日産スタジアム)に向けた日本代表メンバー18人を発表した。

  5. 吉本興業、10月に持ち株会社制へ移行

    吉本興業が10月1日付で持ち株会社制に移行する。タレントのマネジメントという主力事業と、不動産賃貸、経理・人事の3部門を会社分割により分社化し、傘下に置く。コンテンツ制作や配信を手掛ける子会社ファンダンゴを、同日付で株式交換によって完全子会社にし、分社した他の子会社と並ぶ形で傘下に収める。持ち株会社の名称は「吉本興業」のまま変えず、10月以降も東京、大阪両証券取引所で株式上場を維持する。