食べられるのは3月末まで!消える「新宿産納豆」

ソース(ちい散歩)
とっておき。
七転納豆「聞書き:高橋商店納豆製造所」

「新宿で作っている納豆」があるが、保健所の基準が変わり現状では更新許可がおりず、設備更新すると納豆菌の味が変わってしまうため、なくなく苦渋の決断で3月末に閉店するという。

「とっておき。」によれば、いままで食べたなかでも一番旨いそうです。そしてたれ無しで食えるほどの味。

十二社沿いの「am/pm 新宿中央公園店」や、→(あなたの三番目…)によれば、富ヶ谷の「越後屋豆腐店」、→(納豆Wiki)によれば幡ヶ谷の「エフマートほしの」でも買える模様。

工場直販はとっておき。によれば平日の午後。(※店舗に貼ってある営業時間は朝8時からなので、どちらが正しいかはわかりません)

閉店告知などはこちらのブログ(えいはち。十二社の行動)のこの記事で見れる。 



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



One thought on “食べられるのは3月末まで!消える「新宿産納豆」

  1. ご紹介ありがとうございます。
    >保健所の基準が変わり
    そんな事情もあったのですか。
    なんか十二社温泉廃業のことを想起させられます。
    「商品のなくなり次第」と書いてありますので、
    月末まであるかどうか判りません。
    既に小粒のほうは無くなったようで、消されていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA