元LEC跡地のバリアンリゾート(パセラが経営するカップル向けホテル)でソニー・ピクチャーズが業界初の「お泊り試写会」

この記事は10年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(スポーツ報知)

新宿はバリアンを使うようです。ラブホでは許可が下りないから多分「ラブホ」という表現はバリアンは避けてると思うんですが、ソニーとしてはあんまり資本関係がわやくちゃなところとのタイアップは避けたいところでしょうから、先進的なカラオケでおなじみのパセラ経営というところで、やりやすかったんでしょうねぇ。

(前略) 配給元のソニー・ピクチャーズでは「モーテル」というタイトルから「ラブホテル」での試写会を企画。さらに「カップル」「一夜」「密室」など映画のキーワードがラブホテルにぴったりなことから、とんとん拍子に実現した。ラブホテルでの試写会は昨年公開の邦画「LOVE HOTELS」が都内で1カップルを招待して行ったことがあるが、この時は「お泊まり」はなし。このため、「モーテル」ではさらに一歩前進?して、宿泊権利もつけることが実現した。23日発売の情報誌「東京1週間」で募集。東京・横浜で19組38人にプレゼントする。(ソース記事部分引用・以下略)

ということでラブホ情報といえば東京1週間(講談社)。応募は23日発売のこちらで。なるほどねぇ、そういう募集ニーズで来たか。宿泊予算がついてる分、結構なプロモーション費用があるんでしょうねぇ。でも、19室というのはまた半端な…。なんかダジャレですか?

これのプロモーション効果を考えるに、事前ではマスコミに取り上げられやすいという効果はありますが、普通に考えてプライバシーに関わる話なので、これに参加したカップルは取材OKを応募条件にでもしない限りは、後パブにならないですよね…。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう