【お知らせ】
現在、リンククッションが起動していません。復旧までしばらくお待ちください。
スポンサーリンク

2006年1月のコマ劇座長公演は3年ぶり小林幸子「打倒ディズニーランド」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事は17年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

ソース(読売)

デューク松山のイリュージョンを取り入れ、意外性のある演出を試みる。さらに米国から昇降装置を取り寄せ、約7メートルの高さで歌う見せ場も用意した。(ソース部分引用)

高いところで歌う、というのは紅白歌合戦でよくやってるあの類の再現、ということですね。確かに電飾などのついた派手な衣装では小林幸子はディズニーランドを凌ぐかもしれませんね。

コメント