きのう4/1は歌舞伎町の誕生日

この記事は13年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

 なにげに『おもいっきりテレビ』の「今日は何の日」を見ていたら、きのうは「歌舞伎町の誕生日」でした。
 歌舞伎町という名前は歌舞伎のできるホールを中心にすえようという市民の想いから、昭和23年の4月1日に採用され施行されました。昭和25年に東京産業文化平和博覧会(東京博)が歌舞伎町をメイン会場で行われていたのは知りませんでした。そして敗戦後の復興に尽力した人物鈴木喜兵衛氏(歌舞伎町商店街振興組合初代理事長)と血のつながっている人物が、今の「とんかつ茶漬け」すずやの店長とは…
 そして、おりしも歌舞伎町の命名と同じ4月1日に、客引き禁止条例が施行されるのも何か縁があるのかもしれません。
 TVということもあり、戦後復興時闇市で活躍した組関係の方々は黒歴史扱いになり採り上げられていないわけですが。ふところの深い街というところは共感しますね。
 しかし、「健全」を叫ぶ人々と「不健全」扱いされるその筋・海外系・風俗と、2方向で並行したドキュメンタリー映画とか作りたくなるなぁ。歴史をたどるだけでも、相変わらずこの界隈は面白いです。
 なにげにみのもんたが「昔、『クラブ・リー』といういいクラブがあったんだよなぁ…」と漏らしていました。
多分、2日くらいするとHPに上がると思いますのでご参考に。→きょうは何の日
●関連情報
↓下の「荷風!」Vol.1は新宿の街歩きが特集。
昔の話が沢山出ています。もう1年前くらいなので
ネット書店でしか買えません。(Amazonへリンク)
荷風! [2004]―時を超えて遊ぶ、大人の街歩きガイド!!

コメント