【お知らせ】
現在、リンククッションが起動していません。復旧までしばらくお待ちください。
スポンサーリンク

乳もみ現行犯で失職の自民議員は、都議時代は歌舞伎町で朝まで飲む人だった

スポンサーリンク

【お知らせ】本ページは一部にアフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

この記事は18年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

ソースはこちら(日刊スポーツ九州)
>都議会関係者は「都議時代は歌舞伎町ではしごしていた。
>若いだけに、深夜まで酒に付き合う人だった」という。
 六本木を歩いていた女性(22)が男が電話して離れている間に、国会議員に服に手を入れられ揉まれた、しかもその男は近隣の店に入ったので(足がつき)、女性が警察官を捕まえて逮捕させた、という顛末らしいのですが、現職国会議員の強制わいせつという前代未聞の事件に石原知事は「酒の飲み方知らねえんだな」とコメントしたそうです。
 自分ももっと若い頃は物凄く酔った時、知らない間にキスしてはいけない人(取引先の堅い世界の人)と酒の反動でキスしてたりしたこともあったので、この人が酔って記憶がなかったっていうのは本当かもしれないなぁと思いました。
 しかし、今回の報道で知ったのは、都議は新宿(歌舞伎町界隈)で普通に飲んでるんだね。じゃあ小泉さんも来れないことはないだろう? (歌舞伎町の再開発および一連の摘発は小泉総理の「歌舞伎町を自分が飲みにいけるような街に」というような発言から始まっている)。
(追記)
一生酒は飲まない、と会見しています。(読売・写真あり)(毎日)
彼のウェブサイトは現在、工事中という形になって閉じられています。

コメント