新大久保・職安エリアが海外タウンになってしまった理由に異説を唱えてみる&真面目なコリアタウン話。



この記事は13年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

 よく「ロッテがあったから」とか、「新宿東口エリアの闇市の流れで定住」のようなことが言われる大久保地域の外国語圏の国籍者の居住が多い理由ですが、僕は元々渡来の方が(高句麗の末裔の方もいらっしゃいますしね)一部を開拓定住した、埼玉県の一部エリアのほうまで西武新宿から西武線で一気につながったのも理由じゃないかなぁとか思うんですが。どうなんでしょうか。昔一瞬そのへんの住宅地に居候してたことがあるんですが、郊外に行くと市町村自体が作った日韓のモニュメント等もあったりして、全くノントラブル。いい感じで平和なんですけどね。もともと開拓した人も共存する街だからなのかもしれませんが、伝統文化を尊ぶ姿勢も見られるのでいいと思いましたよ。西武線沿線にも渡来文化の多い街がいくつかあります。高麗神社等行かれると、いろいろ「大久保だけ」しか知らない人にとっても見聞が広がるかもしれません。あくまで私説なので、間違いがあったらすみません。
 それにしても、大久保を歩いていると「外国人可物件にあたる」というほど、いまの大久保は許容性の広い土地なのです。受け入れ態勢が出来ているというのも大きいでしょうね。
 都内の外国籍居住者の多い地域は他に上野エリアの一部、三河島近辺などがありますが、他に東京オリンピック近辺の時に日本の都合で移転を余儀なくされた枝川の一部等、観光化されていない純粋なコリアタウンもあるのです。歴史的にもあまりよくない話がいろいろあってなのですが、いつまでも国策に対して並行線をたどるよりも、今何も知らない人が韓流をきっかけにいろいろ勉強してくれて、相互に理解を深めたほうが前向きかと思うのですよ。全員がそうとは限らないですが、何も知らないよりはいいと思います。
 興味があったら、関連書籍など読まれるといいと思いますよ。
 現在、枝川に関しては学校の返還で裁判が起こっており、ことの事情はむしろ知ったほうがいいかと思うのでリンク貼ります。
枝川物語(セブンアンドワイ)セブンイレブン受取手数料無料
icon
枝川物語(amazon)送料無料

コメント