新宿飯店でジャージャー麺



この記事は13年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

肉体的な疲労はかなりのものだったが、深夜に起きる。新大久保のソナタを見ていたら、チャジョンミョン(ジャージャー麺)が急に食べたくなり、朝3:30新宿飯店へ。区役所通り店で済ませたかったが閉まっていたので、タクシーに乗ってまで職安通り店に行ってしまいました。ここはかつてユンソナも来てましたが、いい感じでやさぐれてて意外と好き。まあ普通の味だけど、日本風よりもミソ味がなくて食べやすい(味噌は別づけでついてくる)。
流れでドンキのホットク屋台も初デビュー。開店当時はあまりに得体が知れなくて敬遠していたものの、最近では土日は並んでいるほどの人気店になっている。ホットクとはなんだろう蜂蜜味だとおやつだし、チーズ味だとピザみたいになる食べ物。焼くのに時間がかかるので、地元の人と談笑しているのが特徴的でした。かなり待たせる関係か、1枚サービスしてもらったです。ここの運営会社の巨山(HANARO)はドンキ関連にテナント提供したり、菓子類を作っていたり、ドンキの(職安店の)巨大ビジョンもやっており、この界隈ではよく名前を聞く会社。
で、歩いて朝5時頃帰ってまたこれから少し寝て会社行きます。
●広告
ホットペッパー

コメント

  1. shinookubo より:

    うわ、こんなところにリンクが。貼られて登場してる。
    恐縮です。
    チャジャンミョン、韓国ソウルのリッツカールトンです。
    マジでここはゲキウマです。タクシーで行ってもそのうまさとお徳感はあります。
    http://kageri.air-nifty.com/seoul/2004/05/post_13.html
    ぐぐったら、このブログでも紹介されてました。。。