歌舞伎町に秋風が吹いても家出少女は消えず

→ソース(MSN産経)

9月中に歌舞伎町で補導されたのが66人、家出中の保護が10人ということで、こういう記事が出てきたようですが、ヒントを与えるようなもんだからむしろやんないほうがいいような…。

(前略)「夏休み気分から抜け出せずに居着いてしまう少年少女が多い」(新宿署幹部)。

 同署では9月、歌舞伎町のファストフード店や公園、ゲームセンターなどを中心に少年・少女の発見保護活動を強化した。補導した66人のうち少女は36人で、少年よりも多かった。

 家出中に保護された10人のうち7人も少女で、北海道や宮城、沖縄など地方の出身者が目立ったが、「保護して家に連絡をしても迎えにこない両親も少なくない」(同署)。(中略) 

子供問題に詳しい深谷和子・東京成徳大学特任教授(子ども学部)の話「少女たちは歌舞伎町では女としての“商品価値”があることを自覚している。歌舞伎町に集まるのは大人たちの視線や誘惑が家庭や学校で得ることができない快感があるからではないか。それにしても犯罪に巻き込まれる怖さを知らな過ぎる。家庭崩壊した親に子供を守る力はない。問題が大きくなりすぎた今、非行少年少女の救済には、学校と児童委員などの教育関係者が保護者代わりになって連携する『チーム援助』が有効だ」(ソース部分引用・文/金谷かおり)

歌舞伎町の風俗店は表側から(可視店舗としては)ほぼ一掃されたものの、直接的な携帯サイトなどで連絡を取る援助交際・少女街娼、また昨今札幌などではU-18化している法的規制のない「出会い喫茶」(注:歌舞伎町は札幌と違い大概身分確認しているので低年齢はあまりない)など、従来よりもさらに地下に潜った学生風俗みたいなのが蔓延してきてるのはもっと不健全なんじゃないでしょうか。

ここに女子1人で来るとどうすればお金になるか、を含めて導く人がいっぱいいますから、そりゃ犯罪率もあがるかと。

結局、そういう女子に巣くう人が摘発されちゃえばいいんだよね。あと、働き口。本来なら歌舞伎町近辺だけにやたらとあるような、無料高収入求人誌のスタンドとかを撤廃すればだいぶ収まると思いますよ。

まあ、ただ、実際のところ、世の中にこういう掃きだめのような場所は必要だとは思うのだし、どんなに浄化しようが、家庭の事情に端を発する「家出」自体がなくなるというものではない。

テレビドラマとか漫画のメディアイメージで歌舞伎町に来てしまうだろうから、実際来ると「なんでこんなに人居ないの?」って思っちゃうかも。

歌舞伎町「ふらっと」(地方物産販売店)を区長が自ら紹介

→ソース(新宿放送局・新宿タイムズ)

相当昔まで戻ると歌舞伎町交番、最近だと元ゆうちょやJCBなどのATMのあったところにある「歌舞伎町のアンテナショップ」。
南口までいかなくても宮崎をはじめとした物産が買えるので土産とかに便利なお店ではありますが、コマ劇場へもワゴンで出張販売とかしてるんですねぇ。

新宿土産をおいてるのはいいんですが(中村屋さんのカレー等)、むしろ歌舞伎町土産とかを充実させていただきたいところ。歌舞伎町入り口のドンキなんか、レジ脇に「歌舞伎町」ライターやキーチェーンとか置いてありますけどね。歌舞伎町は、観光地でありながら土産が少ない場所ではありますよね。

新宿放送局のサイトによれば、10月27日には、新宿駅西口広場イベントコーナー(JR新宿駅西口地下の左手のほうにある、ガラス囲みのイベントスペースです)で、「ふらっと新宿」の歌舞伎町店フェア(11:00-18:00)が開催されるそうです。

西口側の人はあんまり歌舞伎町まで足を運ぶことも少ないと思うので、通勤がてら西口スペースにてちょっと体験してみるのはいいのでは。

歌舞伎町ワケアリ保育園

さきほどテレビ朝日のスーパーJチャンネルでやっておりました。
正直、その後にコメントもなく進めるならやらなきゃいいのに…

お子様にはすくすくと育っていただきたいものです。多分普段さびしいと思いますから。

新宿・日暮里ガムテープ書体の人がお台場で実演

→ソース(東京カルチャー・カルチャー)

お台場にニフティが出した東京カルチャー・カルチャーというお店にて、新宿駅ガムテープ案内看板の佐藤修悦さんのイベントがあります。

ローソンの端末に番号を入れてチケットを買うだけで彼の実演が見れますよ。佐藤さんも、まさか数年後に2000円以上入場料を取るようなイベントに出されるとは思わなかったでしょうね…

ちなみにここの店長さんは昔新宿ロフトプラスワンに居た方。転職してニフティ所属になったようです。

都庁居酒屋&激安居酒屋

居酒屋情報をいくつか。

●都庁居酒屋
→ソース(NiftyDailyPortalZ)
取材時期はだいぶ昔ぽいですが、時間限定の都庁居酒屋記事。実は広場の地下にあるライオンとかのレストランも夕方には居酒屋タイムになるんだけどね。見晴らしよいほうがいいか。西口に住んでたらお世話になってたでしょう。島嶼部系メニューはちょっと食べたい。

●歌舞伎町界隈激安2店ルポ
→ソース(NiftyDailyPortalZ)
ハードコア居酒屋と呼ばれる「一休」「カチカチ山」新宿2大超激安居酒屋店。これに「さくら水産」と「清龍」あたりを加えると完璧。相変わらず大塚さんの記事ですね。高田馬場あたりだとニュー浅草とかもそうかな。

●新宿駅に朝からやってる居酒屋さんが
→ソース(NiftyDailyPortalZ)
こちらに書いてあるベルクの隣にある居酒屋。これ存在気がついてませんでした。なにげに朝10時(2007年10月現在=LumineEST HP調べ)からやってる!朝から飲んでるかどうかは知りませんが。

ヤマダ電機専務が新宿進出の裏づけ的発言

→ソース(朝日、ロイター)

 都心のシェアを上げることも課題として挙げ、「都心は欲しい。新宿の出店も考えている。都心のシェアは低く、いくら出ても失うものはない」とした。新宿はすでに家電量販店の競争があり、池袋に続きヤマダ電機が出店を具体化すればさらに競争は激化する。

と強い意志があるので、ユニカビル建設予定地はヤマダになるのかしら。7月の記事に対して裏づけ的な発言。

●関連記事
ヤマダ電機、ユニカビル予定地に進出

マクドナルドがメニュー開発の総合研究施設「スタジオM]を新宿区に新設、10月中旬より本格稼動

→ソース(日経BPネット)

(前略)同施設はメニュー開発専用の調理場をはじめ、食品衛生に関する微生物検査を行う研究室、消費者向けの試食室などを備える。従来は本社にしかなかった社内教育機関の教室も設置する。

施設内では、マクドナルドの標準ドライブスルー店舗を再現している。実際の店舗と同様に使用可能な客室と調理場があり、店舗混雑時を想定した演習などを通じて効率的な作業方法を検証できる。

マクドナルドは同施設の本格稼働に伴い、都内各地の施設に分散していた研究開発の機能を集約する。これまで数カ月以上かかっていた新メニュー投入の準備期間を大幅に短縮するとしている。(ソース部分引用)

ドライブスルー店舗を再現! いったいどんな場所に作ったやら…。いちおうこういう施設だけに、原則は非公開なんだろうねぇ。(店員とかバイトが多いから時間が経てば漏れてくるとは思いますが)

●関連サイト
リリース「マクドナルド、総合施設「スタジオM」を新設
↑マックのサイト内でリリース記事みつけました。770m2、写真満載。店内まで再現してるし、教育用のルームまであるのがすごいわ。

四谷の朝日読者おすすめ店「絶対にまねできないパスタ」

→ソース(朝日)

四谷1丁目、三栄通りの「マイストロ」ね。新宿高野のワールドレストランで腕を磨いたそう。十年以上価格を据え置いたまま、ということは昔としては(夜メニューは)相場が高かったような気がしますね。おひとりさまも対応ということで、昼は980円だし、いいかも。