JR東京総合病院&新宿マインズタワーの間にJR南新宿ビル2012年6月末竣工、サザンテラスと直結、スポーツジムのJEXER、保育所など入る

新宿駅南口エリアの再開発が激しくなっている。サザンテラス内ではないが、新宿駅南口~代々木間の道路沿いに新しくJR管轄のビルが完成するようだ。名前は「JR南新宿ビル」で、1F~3FがJEXER、4F~18Fが賃貸オフィスになる予定。
賃貸オフィスフロアはLED照明、太陽光パネル、複層ガラスなどを採用、Suicaによる認証によりセキュアなオフィスとなる。このビル自体は特筆するものではないが、サザンテラス直結のブリッジに新設デッキができ、直結するということと、もう1つはスポーツジムが新規出店することは期待できる。

以前から「新宿進出時は、エキナカになるのでは?」などとも言われていたJR系の会員制フィットネスクラブ「JEXER」が「ジェクサー・フィットネス&スパ新宿」として入居(7月13日開業予定)。プール、ジムの他、JR東京総合病院との提携で、メディカルフィットネスも展開する予定だ。

新宿では新宿駅から近いフィットネスクラブがなぜか少なく、新宿西口大ガード際の「TIPNESS」と、歌舞伎町ハイジアの「東急オアシス」のみで(昔は西新宿にドゥ・スポーツクラブもあったが閉鎖して久しい)、選択肢が少なかった。(新宿御苑駅にはエアロスポーツクラブがある。また歌舞伎町てなむたうんビル(Will)にもフィットネスはあるという噂も)。西新宿エリアの方などには、このビルの進出自体は非常に嬉しい話。

もう1つは、子育て支援を目的として保育所が入る点。新しいリリースデータには詳細がないが、旧リリースには45名収容可で、園庭を備えた保育所を区道側に開設する予定。地下1Fになるが、このエリアで育児をしながら働いている女性が、新設の設備のよい保育所ができることで、一層働きやすくなるに違いないのでこれもよいことです。

屋上は緑化し、※低層部の屋上ではビルで働く人が利用できる憩いの場も作るとのこと。
また、※低層部には店舗も併設される予定。(※初期リリースベースの情報です、変更されることもあります)。

●ソース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=304440



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



コマ劇場+東宝会館跡地にワシントンホテル+シネコン開発決定

詳細はこちら。開業は2015年春。遠いなあ。http://eiga.com/news/20110711/18/http://mantan-web.jp/2011/07/11/20110711dog00m200035000c.htmlhttp://cinema.pia.co.jp/news/0/43070/http://life.oricon.co.jp/89737/full/・地上31F地下1F。地上130メートル。総工費232億。(東宝が自社で賄う9・写真のように、低層建物は全面的な土地の利用があるが、その真中に細長ーい薄い建物が立つという形態。デザインコンペでこれが競り勝ったのかもしれないし、建築規制上の問題もあるだろうから、しょうがないのだが、ある意味では西武新宿プリンスにも近い建物になる。強度は勿論大丈夫なのだろうが、見た目と、また、歌舞伎町入り口側からみたときのホテル部分の見栄えはどうなのか?の2点では非常に疑問を持たざるを得ない。もう少し格好良くはできなかったものか。またこの画像をたとえば歌舞伎町のセントラルロード入口側から見たビューに角度をずらして組み込んでみればわかるが、非常にバランスが悪いような気がする。建物のデザイン、もう少し工夫をこらせないものか…。・新宿の映画興行が急速に回復したということ(先行2つのシネコンで)。新宿地区の映画興収は2004年41億→2010年には72億円・歌舞伎町に活性化の可能性が生まれた…とのこと? どこが?もしかして他に老朽化している各社のビルに他社の開発が入るのかしら。不透明。・低層階 飲食店など。 (記事の語調がよくわからないので、もしかするとワシントンホテルの低層階、なのかもしれませんが)。収益性を考慮にいれるとのこと。よしもと辺り入れればいいのになあ。・3~6F シネコン「TOHOシネマズ」 全12スクリーン、約2500席(都内最大級)全スクリーンデジタルプロジェクター。映画のみならず、コンサート、演劇、スポーツのパブリックビューイングにも使用し、年100万人の動員を目指す(東宝専務談)。・9~31F ワシントンホテル 客室数1030室(シングル855室、ツイン175室)。新宿地域では、ワシントンホテルはテナントにユニークな店舗が多い(パチンコ店や、釣りのできる居酒屋・ざうおなど)ので知られていますが、 当方の感想としては、正直なところではホテルクラスがもう少し上のブランドを持ってきて欲しかったところ…。ただワシントンは会員組織もあり、かつ安いため集客力もありますし、西側の建物も若干老朽化したりしている面もあるので、妥当な投資かとは思います。■注目の情報



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



え、まだ解体されてなかったの?新宿コマ劇場、2011年3月初旬から解体宣言

Kabukicho, Shinjuku / shibuya246(Frickr)CC BY-ND 2.0 http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20110227/CK2011022702000021.html二〇〇八年十二月に閉館した新宿コマ劇場(新宿区歌舞伎町)の取り壊しが、三月初旬から始まる。所有する東宝は跡地に新施設を造る計画だが、内容はまだ決まっていない。解体には約一年かかる見込み。東宝は「解体後、間髪入れずに新築にかかりたい。そのため、今後数カ月内に新しい施設の内容を決めたい」としている。(略) コマ劇場を失った歌舞伎町は、活気がなくなってきている。(上記URLより部分引用)テナントのいくつかと若干もめていた関係で遅れていたのはわかるのですが、近くにいる人の話ではもう既に部分着手していたと考えられていたために、まだだったというのは意外。でも、これによれば「今後数カ月以内に新しい施設の内容を決めたい」としているので、現状でいくつか出ている案のうちのどれかは採用されるのであろう。それにしても、東宝らしいおおらかさというか、数カ月前の段階で決まっていない(ということになっているだけなのかもしれないが)開発計画なんて今の世の中でそれなりの規模の企業ではあり得ないのだが。ある意味で歌舞伎町の命運を握っているキーであるのだが、なんだかな。フジとコンテナが10億円出資して恵比寿につくる劇場みたいなのは本来であればこのへんにできてしかるべきものだったのではないかと。あちらは新宿や新大久保は「やや騒々しい路地」というイメージのようで、高級感がないと感じているようですが。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



東京厚生年金会館(ウェルシティ東京)が一般競争入札で売却になり、現状施設は閉鎖へ向かうという情報

▲新宿厚生年金会館ウエルシティ東京
→ソース(日経BP・ケンプラッツ) →(れっつしんくぽじてぶ!) →(ふくちゃんのフォトギャラリー) →(クリスタのブログ) 3月31日のようです。築年数を考えると民間売却だと解体を免れないような気がしますが、いかがなものでしょうか。
厚生年金の宿完全使いこなしガイド 2009年度 保存版―全国45施設 だれでも使える上質な公共の宿 (双葉社スーパームック)販売元:双葉社発売日:2009-04



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



ベルクなお抵抗中

→ソース(東京新聞) ルミネエストから追い出されそうになりつつ抵抗しているベルクの話の最新版。僕個人としては床さえ貼り直してくれればあとはそのままであってほしいと思いますけどね。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



景観行政区のガイドライン続報

→ソース(産経) 例えば、「落合の森保全地区」の下落合斜面地エリアの目標は、「坂道と斜面緑地をいかしたみどり豊かなまちなみへ」であり、「色彩はみどりと調和した落ち着いたものとし、特に彩度の高いものは避ける」など15項目の方針を示す。 日本一の繁華街、歌舞伎町1丁目エリアは、「夜の照明は華やかなにぎわいを連続させるもの」などと、地元の特性を前面に押し出した形だ。 思ったよりは現状維持感があるように見えますが、あくまで1項目だけ取り出して言ってる話なんで、実際はどういう項目になってるのかの監視は必要ですね。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



歌舞伎町が還暦

→ソース(産経) もう歌舞伎町おまけブログなどでも書かれてますけど、ホストのユニットの話ぐらいですかね。目新しいのは。(詳細:東京) コマの取り壊しはこれと別のソースによれば春くらいで、立ち退き者が一段落する頃に行いたいようです。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



マルイ本館が全貌を現わしました

→ソース(新宿無駄写真) 4月オープンだそうです。 マルイ関連はいろいろネーミングの変更などがあるようです。詳細はこちら



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



新宿のゲーセンミカドの延び延びになっていた「移転」が高田馬場に決定

ソース(新宿ゲーセン・ミカド>店員ブログ) 私はこの一年、「詐欺だ」なんだと馬鹿にされながらも、 限られた予算内で移転先物件を探す作業や各種折衷交渉、 同時に現店舗の立ち退きを少しでも引き延ばす交渉を進めていました。 毎日毎日、胃の痛くなるような地獄を味わってまいりましたが、 やっとその努力が実を結び感無量でございます。(サイト記事より部分引用) ということで、西武新宿駅沿いのミカドは高田馬場の昔のハイテクランドセガがあった場所、現コンビニが1/3くらいを占めている(確か)空き物件(新宿区高田馬場4-5-10オアシスプラザビル1階、2階)になるようです。同じ「駅沿い」というロケーションで、電源ももともとゲーセンのために作られているような場所だからいいのかもしれません。高田馬場のゲーセン事情に詳しい知り合いによれば最盛期は20店舗近くがひしめいていたゲームセンターも数が減ってしまっているのですが、ミカドは個性的な経営方針(レトロゲーム稼働、大会)などで支持される店舗なので、ココに移ることで電源・音響問題などがクリアされて非常にメリットがあるようです。2009/2月から4月の間にオープンの予定。 大きな地図で見る ●当サイト関連記事 2008年01月09日 東宝会館のサウナ/新宿ゲーセンミカドも無くなる?



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



2008/12/31で新宿コマ劇場が終了、写真撮る人多数

ソース(MSN産経)  (共同) (J-CAST) (朝日) 残り1日、30日も別れを惜しみ、記念撮影するファンは絶えなかった。(産経) コマ劇場の再開発を進める東宝によると、建物は現テナントの撤退が完了した後、取り壊す。跡地利用は検討中だが、ギャンブル施設や、周辺で競争が激しい映画館にはしない方針だ。(共同) このへんとかは前から言われてる通りで各社通り一遍のことを書いてますね。きょう4時からの年忘れにっぽんの歌(関係者のみ招待制)はテレビ東京で見れるので、テレビでお別れをするあるいは現地の外でワンセグで見るくらいしかないわけですが。 さて、J-castでは先だって放映された新宿コマ特集番組を批評していますが (「さよなら新宿コマ劇場~涙と笑いの50年」(NHK) 2008年12月22日 19時半~)NHKならではの美空ひばりの秘蔵映像などは放送されたが、島倉千代子、森昌子、小林幸子らがこもごも語るコマ劇場登場時の思い出話と、38回もここで座長公演をやった北島三郎の最後の公演密着以外は、氷川きよしや川中美幸、八代亜紀らのアーカイブ映像がほとんど。少なくとも芸能界や大衆の社会的文化的変質により、閉鎖に追い込まれざるを得なかった背景の分析と考察は、負の部分も含めてもっときっちりやるべきだった。    まして、昔の歌舞伎町は大学生がコンパ流れで喫茶店で夜明かしをしても何も起こらないほど安全だったが、今や若い女性がホストクラブの客引きに執拗に付け回されるのがニュースになるほど物騒な街である。わが家の庭みたいに遊んでいた筆者も近頃は怖くて余り寄り付かない。行きつけだった喫茶店も消えてしまったし。(J-cast、黄蘭) いや、いまのほうが全盛期に比べて圧倒的に安全なんですけど…作家の方が行かれていた時代はともかくとしてその後のほうが荒れてて、粛清されたんですってば。庭の行方くらい見ていたいただきたい。朝日は今後の計画に関する話。 31日に52年の歴史に幕を閉じる新宿区歌舞伎町のシンボル「新宿コマ劇場」。この跡地の行方をめぐり、関係者が気をもんでいる。隣接する新宿東宝会館と一体化して東宝(本社・千代田区)が開発するが、計画は未定。内容次第では付近の再開発も影響を受ける。25日、地元の歌舞伎町商店街振興組合は東宝に「街のシンボルとなる施設建設を」と要望書を提出した。(星野哲)跡地は約5400平方メートル。解体に1年、建築には3年かかるとみられており、4年間は街の中心がポッカリと空く。同組合は「跡地には劇場、多目的ホールなどを検討してほしい。工事期間中は周囲が暗くならないように」などと要望した。 「コマ劇場があってこその歌舞伎町だった。これからも東宝には核となって、一緒に街づくりをしていただきたい」と同組合事務局長の城克さんは言う。(朝日) 以上、ソース記事部分引用, 以下、朝日の続きを要約一部改変して箇条書き ・ミラノなどとの一体開発は頓挫、東宝は単独開発を発表 ・区は広場にオープンカフェを開くことを決めた ・ミラノは東宝が建てる内容によって方向性を変えざるを得ないので様子を見たいと広報課。 動画も出ている。 ソース(FNN・動画あり) FNNでは川中美幸さんと、他の新聞にも出ている元カメラ店のリサイクルショップの五十嵐さんに取材。 川中さんは1987年美空ひばりの病気降板の際抜擢、座長をつとめ上げ11万人を動員した。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう