新宿区が暴排条例を制定

2012/10/15に決まり12/1より施行される。この条例では、基本理念・区、区民及び事業者の果たす役割・暴力団排除に関する基本的施策などについて定めている。
詳細は下記から。
http://www.city.shinjuku.lg.jp/anzen/kikikanri01_001035.html



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



2011/6/17から6/19大久保公園(歌舞伎町裏手)にて東日本震災復興支援、K-POPライブを兼ねたイベントが開催予定

お久しぶりです。なんだか三越Alcotが来年3月でなくなりビックカメラが入る予定だとか激動ですね、新宿は。さて今週ですが、こんなイベントが歌舞伎町であります。http://npn.co.jp/article/detail/14702575/http://mytown.asahi.com/areanews/tokyo/TKY201106130373.html大久保公園(場所→歌舞伎町1番街を元コマ前を抜け交番のところまで行き、交番脇道をさらにすすんだハイジアビルの裏側)で今週末、イベントが行われる。主催は東日本大震災復興支援・日韓友好チャリティー広場 実行委員会、共催は歌舞伎町タウンマーネジメント。twitterはこちら。 http://www.koreajapan.net 公式サイト(スケジュールなど明記)韓国料理屋台、オークション(KARAもサインCDを寄せている)、フリマ、被災地農水産物直販など。義援金、出店者の利益全額は新宿区を通じ、日本赤十字社におくられるという。K-POPは、KINO、SOSなど新大久保ローカル系アイドルが中心。(公式サイトには書いてないが、リアルライブの記事にはROTIの名も見える)あとはメジャーアーティスト、韓国著名人(超新星ほか)は動画メッセージを寄せる。(既にYoutubeに上がっているので、twitterからリンクでどうぞ)6月18日(土) 10:00~19:006月19日(日) 10:00~17:00twitterはオザッキョがやっているのか?(傾向が似ている)時折意味不明な反復ツイートも見られる。相変わらず、微妙なハラハラする進行だが、ボランティアもいるそうなので、そこそこなんとかなるのだろう。あとそこから1本裏に行くと職安通り=韓流タウンなので、そこから新大久保まで足を伸ばす、あるいは逆に新大久保から歌舞伎町側へ足を伸ばす(そちらから来る場合は、職安通りの職安=ハローワークの真裏が大久保公園になります。)というのもオススメ。個人的には歌舞伎町は、劇場の減少によって、各種ライブハウスやトークライブハウス、あるいは特殊店舗くらいしかもうコンテンツ力がないので、こういう方向で新大久保側から歌舞伎町側になにかが逆浸透していって融合していくくらいしか、動員を増やす方向性はないのではと思う。■注目の情報



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



歌舞伎町アジア客を取り込め、活性化施策が本格的に始まるか

Original Update by rahims

→ソース(MSN産経)

・コマ閉館後、映画館も次々閉鎖し、陰りが。
・集客が減った街に活気をより戻そうと振興策
・歌舞伎町商店街振興組合の城さんによれば、目玉の1つはアジア観光客取り込み。
・背景に個人観光客ビザが昨年7月から出るようになったことなどがある。
・モーパラの売上の5割が台湾・タイ等アジア客。都庁周辺→新宿駅付近で買い物→当店来客
・歌舞伎町を怖がる外国人もいるのは事実
・浄化取り組みの他、優良店のメニューを中国語、韓国語などに多言語化、日本人も含め歌舞伎町初心者が楽しめる歌舞伎町ツアーも考案中
・11月にお試しツアーをやった際は公共施設屋上から街全体を見渡しホストクラブ経営者に事情を聞き、グランドキャバレーの空室を見て、雑居ビルを不動産屋と一緒に見学、2次会はゴールデン街。
・城さんは四葉会などで話がまとまらなかったシネシティ周辺再開発の議論のきっかけにしてもらう独自案を今月末にも公表

ということですが、景気の悪いところばかり見学する前にリアルタイムで営業している空間を見学させたほうがいいと思うし、どういう場所やどういう行為が危険かをちゃんと教えてあげるようなツアーであってほしいと思う。城さんの案はてらたにさんの案とはちゃんと違っているのかどうかが気になります。

新宿歌舞伎町アンダーワールドガイド (幻冬舎アウトロー文庫)著者:李 小牧販売元:幻冬舎発売日:2007-04おすすめ度:



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



歌舞伎町フェスタ開催中(8月末まで)

だいたい公式サイトを誰も作って上にもってこない時点で終わってるんですが、全体としてはこんなかんじ。 吉本はイベント部分はやりすぎコージー絡みになった模様。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



ドキュメント・ナウああ新宿歌舞伎町・その変ぼうとは!

まもなく終わるので、もう少ししたら抜粋します。 TBS 2009/6/22 25:29-25:59(内容メモから起こしているので順不同) ・ホクトシステム社長が主軸。ホクトシステムの床が凹んでるのは、女性の来客が多いから(ハイヒール等)。社長は旅行会社を作るも放漫経営で撤退、その後、東宝会館裏のクリーニング店跡地になっている僅かな空間で不動産店を営業。店舗も扱っていたので、風俗の全盛期までを知る。家賃はその頃は高い。 ・歩いている人が明らかに減っている。 ・歌舞伎町に物件を求めてくる人で15万以上の部屋に入る人は減っている。 ・キャバクラの人が融資を求めてきたが、飲食店への転換を勧める。 ・ビルまるごと空いている場合もある。看板をかえるとお金がかかるので、一見入っているようで入っていないことも。 ・案内所 風俗店は看板出せないから…みたいないつもの当たり障り無い話。 ・昼キャバで働く女性、夜のほうが金になるが、子供がいるので昼にやらざるを得ない。早く返されることも。 ・キャバクラ等女の子関連は閉店もあって、望んだ額が貰えないなんてことも。女の子が余っている? ・韓国系の人の商売は職安通りから大久保通りの間だったけれど、今は歌舞伎町2丁目の辺りまでが商売エリアに延びてきている。 ・コマ劇場跡地が歌舞伎町の命運を握っているが、出来上がるまで最低5年かかるかと。特に、中に何が入るかによる。 ・この街をダメにしたのはこの街の人たち。 いろんな商売がでてきている ・射的王 出店費用都合1500万。射的台の設備に700万。利益は出ている。 ・ダイニングバーLEEF 出店に6000万 水槽のあるバー。キャバクラから転業。変化する歌舞伎町の需要を見越して。 ・新宿椿庵 鯛焼き。1.5坪で家賃25万。お店は大丈夫だが、日に日に来街者が減っている。 ・ビデオ村の居酒屋「海」ビデオ村はどんどんビデオ店が閉店しているが、そこに入った居酒屋。開店2週間は、やはりこの場所はビデオのために来る人が多く、なかなか客がこなかった。時々それでもビデオあるんでしょ?と思われる。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



歌舞伎町はデジタルサイネージをやるべきだ

→参考資料(日経ITPLUS) 「デジタルサイネージとは」屋外や店頭、交通機関など一般家庭以外の場所においてディスプレイなどの電子的な表示機器を使って情報を発信するもののことを言う。 リンク先には伊勢丹新宿店の事例が出ているが、僕は先週韓国ソウルの明洞に行ったのだが、そこには道路の柱の上部の邪魔にならないところに大型ディスプレイが設置され(といっても家庭用テレビの大型サイズ程度)、そこに街のインフォメーションが次々流れるという構成となっていた。おおまかには、時刻などの他、タウン情報的におすすめ店舗の情報が流れていた。 これのメリットは、韓国なのに日本語も流れているということだ。いわゆる多国語のガイドが短く完結するということである。 例えば、日本の歌舞伎町であればヨーロッパ向けに英語や、韓国語、中国語で同一インフォメーションも流せるわけで(経済専門チャンネルの下端に株価が流れるように、うまく多段処理すれば同時に流すことも可能)。これに店舗案内や普遍的に見る時刻表示や天気なども加えれば、なかなか良いモノになると思う。問題は、盗まれたり壊されないようにパッケージを強固にする必要があるくらいだろう。 まず歌舞伎町は、街の中央と入り口に元々稼働しているビジョンがある。そこのコンテンツとは上手く共存しえないかもしれないが、それらとも上手く連動すれば面白いし、そうでないとしてもたとえば、シネシティ広場でイベントが開催されているときのにぎわいやイベント概要を、(リアルタイムではないにしても)デジタルサイネージ経由で伝えることも不可能ではないのではないだろうか。 現状では歌舞伎町でイベントが行われたとしても、ほとんど情報が行き渡らないわけで、小回りの効くメディアは、業者は結構高めなことを言ってくるかもしれないけれど、(たとえば液晶なんかだと輸入系のパネル使えば安くなるはずで)導入考えてほしいなぁ。実質的に誰も使わないユビキタス機器とかの社会実験をするよりはいいと思うんだよねぇ。 新宿放送局も実質使ってない東急ミラノのデジタルサイネージのあるボックスがあったりして、なんか収益手段を区方面と組む方向でしか見いだせないのか、隠居系の企業になっちゃってますけど、もう少し若い子に上手くやらせてデジタルサイネージのコンテンツ&アドバタイズ業者として生き残っていくという手段もあるんじゃないのかな。 最近は2丁目のラポートピアビルに入っているマイクロメディア(広告代理店)のほうが民間で歌舞伎町マップとかを配布していて頑張ってるような気がしますが。 よくしよう委員会議事録が、歌舞伎町の公式サイトで公開されていますけど、(歌舞伎町の公式マップが)日本語版と外国語版を両面に刷るなんてせこい考えをするより、明らかに各国からの来街者が多くなっている(最近は通貨の関係で一部の国はしぼんではいますが)昨今、各国語版を揃えるなどの考え方がほしいです。あるいは公式の観光案内所を作るくらいの気概がほしいわ。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



歌舞伎町商店街振興組合HPが「歌舞伎町ポータルサイト KABUKI町」に

→ソース(歌舞伎町商店街振興組合) 明るくPOPになりましたが今時のリニューアルであえてRSS配信しないところがスゴイと思いました。ニュース類などは期待できそうです。難点は、いままで貯めてきたコンテンツ(歌舞伎町の人など)は消えてしまったのが残念。アーカイブくらい残してほしいよなぁ。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



2008/10/31から11/3までは歌舞伎町フェスタ

いろいろ催しがあるので、暇なら1回は足を運んでください。そうじゃないとかわいそうだし…かなり大規模なイベントです。 ●関連サイト 歌舞伎町フェスタ2008公式サイト (直リンク) スケジュールの概要 (直リンク)   僕は以前にある人が言っていた「歌舞伎町にはコンテンツが沢山ある」っていう考え方は間違ってると思うけどね、、清濁あわせのんでの歌舞伎町なんで。濁の部分にコンテンツが多数のっかってるので乗せられないんですよね。逆にそういうダークな部分をエンタテインメントに昇華させるようなもののほうが、区の協力は得られないでしょうが大衆には支持されるかと。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



歌舞伎町ルネッサンスオフィシャルサイトがキレイになっていた

知らなかったです。 ●関連サイト 歌舞伎町ルネッサンスオフィシャルサイト DISCOVERY KABUKICHO (直リンク)



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



「歌舞伎町」は渋谷・六本木より安全?をJ-CASTニュースでアピール

→ソース(J-CASTニュース) 「歌舞伎町は実際、渋谷や六本木などと比べても安全です。路上に限っては、薬物の売買もありませんし、けんかやひったくりは減少傾向にあります。そういう意味では、歌舞伎町は歩きやすい街ですね。渋谷の場合、暗くなるとシャッターが閉まるので、むしろこわいと感じると思いますよ」(J-CASTソース部分引用・前後略) と歌舞伎町商店街振興組合事務局長・城克(じょうまさる)氏が語る。 「路上に限っては」 「路上に限っては」   「路上に限っては」 なるほど、監視カメラ効果という意味合いでしょうか。一言、口を濁すようなネタが入るところが歌舞伎町らしい。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう