高田馬場駅前のセレス高田馬場が、真向かいに建設中の区民施設が葬儀場にも使用できるのを差止請求の件、和解へ

大きな地図で見る
▲セレス高田馬場

大きな地図で見る
▲ななめ右前の葬儀にも使える区民施設(※ストリートビュー上では工事中ですが、現在はほぼ完成)

写真をぐるっと回すと位置関係がわかります。

→(参考記事・毎日新聞)こういうことが起こっておりました。

確かに結婚式場の真向かいで喪服の人たちがたくさんいるっていうのは腑に落ちないでしょうね。セレス高田馬場は元千代田平安閣 高田馬場。結婚式場の他宴会場などとしても活用されてきたが、近年前方の見た目を聖堂風にリニューアルし、名前も改めた。

 (ソース部分引用・前略)訴えによると、結婚式場は83年オープン。高田馬場駅に近い利便性や聖堂風の建物が人気を呼び、営業利益は年5億円以上で経営状態は良好という。区は07年、道を挟んだ西側に区民施設の建設を通知、その後、葬儀も行えるホールの設置を伝えた。同社が抗議し、東京簡裁の調停までもつれ込んだが、5月に調停不成立となった。(中略)同社は「結婚式と葬儀は時間帯が重なる。参列者が新郎新婦を祝っているのに、向かいに喪服姿の弔問客が出入りしていたら、おめでたい気持ちに水を差す」と主張。区は「葬儀場としての使用は区民の強い要望。弔問客の出入りを結婚式場に面しない南側出入り口に限定し、霊きゅう車も目立たない型に限るなど最大限の配慮をする」と説明している。

これがこういう形で解決。でも平日でも挙式とかあるんじゃないかなぁ、→(ソース・毎日)

(ソース部分引用・前略)土日の葬儀使用時間を制限する条件で和解することになった。新宿区議会が7日、和解案受け入れを議決した。原告側も了承しており、早ければ10日の東京地裁の和解協議で正式に成立する。(中略)和解案は、同社が区民施設を葬儀場として使用することに異議を唱えず、区は結婚式の多い土曜午後3時15分~9時45分と日曜午前9時~午後3時の葬儀場使用を自粛するとの内容。7日の区議会本会議で全会一致で可決された。

しかし誰が見てもわかる目の前にそういう施設を作っちゃうところが明らかに問題なんじゃないのかなぁ。区は誰がチェックしてるんだろう。現地は、いわゆる線路沿いで、目の前が露骨に住宅地じゃないところだからいいとふんだのかもしれないが、そのうち、葬儀の告知掲示でまた揉めるんじゃないのかなぁ。

新・冠婚葬祭入門 (祥伝社新書180) (祥伝社新書 180)著者:野村 沙知代販売元:祥伝社発売日:2009-10-27クチコミを見る



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



<閉店>高田馬場にPCショップ「クレバリー」がオープン

→ソース(新宿経済新聞) ツクモが撤退した後、隣のビルに出来た様子。※既に退店



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



麻生首相が訪問したスーパーは「スーパー三徳」西早稲田店

→ソース(毎日) (朝日) (サンスポ) (MSN産経) (日刊) ちょっと遅くてすいません。なぜ早稲田、なぜ三徳…。早稲田エリアには2店舗あるんだよね。その後高田馬場駅前でタクシーにも景気を聞いたりした模様。 るるぶ神楽坂四谷早稲田新大久保 (るるぶ情報版―関東) (Amazon)



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



いわゆる学生ローンの広告看板が外されたところに手塚治虫の壁画が登場

→ソース(毎日)写真特集

これも新宿駅前と同じで不法占拠系広告会社対策なのかしら。だいたいホームレス対策として作られた対面(駅側)もあるのに、2枚目をまた群像で出す意味はよくわからない。馬場、アトムが多いわりにはアトムを置くことに無意識になりすぎていて、経済波及効果とか誰もあんまり考えてないんだよね。待ち合わせ場所になるようなものとかを作るならわかるんだけどさ。水木しげるロードとか、西武線のガンダムのほうがまだよくわかっている感じもするのですよ。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



新宿区立漱石公園のリニューアルが完成

→ソース(JANJAN) (新宿区)

早稲田駅徒歩10分、もともと漱石はここに住んでいたようですね。漱石公園は4月~9月は午前8時~午後7時まで、10月~3月は午前8時~午後5時まで開園だそうです。

リニューアル後の公園には入口に、新宿区名誉区民の故富永直樹氏作の「夏目漱石像」が、公園中ほどには、漱石の没後遺族が家に飼っていた小鳥や犬・猫の供養のために建てた「猫塚」が置かれたほか、新たな施設として漱石の足跡を紹介するパネルやイベント情報などを紹介する「(仮称)漱石情報発信施設」や漱石山房のベランダ回廊を再現した「漱石山房風ベランダ回廊」などが設置された。(新宿区ニュースリリースより)



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



高田馬場駅早稲田口前のガード下の広告が外されて、歩道が整備されている

ソースは目視

あそこは学生ローンの広告が貼ってあった場所ですが、一時的なのか恒久なのかよくわかりませんが、剥がされて歩道に植え込みが作られているようです。新宿駅前の看板広告も剥がされてから久しいですが、馬場のあれも線路下なのでもしかしたら権利的には微妙なヤツなんでしょうか。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



かつて早稲田にもあった泥酔者保護所(トラ箱)、都内から廃止

→ソース(産経・IZA)

・昭和35年に鳥居坂と日本堤に設置。45年に三鷹にも設置。
・昭和52年に早稲田に設置された。
・昭和47年頃は年間12798人になりピーク。
・トラの由来は酒をササと呼ぶことにちなむ。
・警察署にも保護室が1-2部屋あるのでトラ箱を使わなくても間に合うようになって平成になり順次閉鎖された。(早稲田も)
・酒類消費は増えており、泥酔者は減っている理由について考察。(リンク先参照)

とのこと、早稲田は先に廃止されちゃってるのね。しかし、新宿で寝てたら早稲田に運搬されてる…なんてことは日常茶飯事だったのでしょうか。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



高田馬場(落合)でミャンマー人が殺人、逮捕

→ソース(日経) (日刊)

16日午前0時すぎ、東京都新宿区のJR高田馬場駅近くで、警視庁戸塚署員が職務質問した男が「人を刺した」と話した。同署員が男が住む新宿区下落合のマンションに駆けつけ、ベランダで外国人男性が刺されて死亡しているのを発見。男が犯行を認めたため、戸塚署は殺人容疑で逮捕した。(日刊ソース部分引用、以下略)

また珍しく職務質問が役に立ってる。
ちなみに高田馬場界隈はミャンマー人集住地区でもあるので、ミャンマーの方がいらっしゃること自体は特に不思議でもなんでもない。また、学生向け安飲み屋街でもあるので、深夜徘徊自体もそんなに珍しいことではない。しかしなんか怪しく思ったんでしょうね。消えてるTBSソースによれば遺体はマンションベランダにあったとか。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



高田馬場にゴーゴーカレー

高田馬場駅早稲田口(池袋寄り口)出て信号わたって向かいすぐの元チケット店跡地がゴーゴーカレーになりました(学生ローンATMのすぐ右)。

座席数が少ないので、2007/10/25先着順カレー55円(人数限定)に相当数の人が並んでいますね。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



最近高田馬場がきれいになったように感じるのには「これ」も理由にあるかも

→ソース(早稲田ウィークリー)

最近高田馬場は駅舎にだいぶ改造を加えて、エスカレーターやエレベーターも整備されだいぶきれいになりました。また、BIGBOXも改装でだいぶ変わりそうですが、僕も久々に馬場で大阪の友人にあったら「久しぶりに来たけど、高田馬場だいぶきれいになりましたね」と言われました。高田馬場といえば最近まで休止していた火事にあったオリンピックも復活営業開始、また「ババにしまむら?」というなかなか最悪なキャッチコピーで参入してきた地方で有名な服の激安店「ファッションセンターしまむら(大丸ピーコック内)」の出店など、どんどんと変貌を遂げつつあります。

で、本題。

…実は高田馬場でもお掃除してる団体がいるんですね。早稲田大学絡みのようですが。しかしロッテ協賛というのは豪勢ですな。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう