新大久保のガイドブックがさらに2冊追加され約13冊に。

1冊、かと思ってポストしたら2冊でした。特に下側のはにちぶんだけあって多くコンビニで見かけます。
新大久保に行こう!―韓流スターに遭いに (OAK MOOK 389)
新大久保に行こう!―韓流スターに遭いに (OAK MOOK 389)
クチコミを見る

ISBN978-4-537-12201-5
恋する!得する!新大久保完全ガイド―韓流スターからグルメまで新大久保ガイドの決定版!! (にちぶんMOOK)
クチコミを見る
コリアタウン通りっていうのは韓国人側が言ってる名前なので、そう言わなくてもいいような気がします。いいじゃない新大久保の竹下通りで。

最近は、他にも、韓流女子が新聞を読むとも思えず、どこに勝算があるのかわかりませんがフジサンケイグループが全体でそれなりに韓流コンテンツへの出資を強めているせいか、サンスポが社命でか「韓Fan」というCVS売りのタブロイド新聞を週単位で出しているようです。直販ネットショップは売れ数が出るのですが、売れ数は1000以下から5000程度なのでちょっと心配になります。実際には10倍以上は出ているでしょうが…

しかし、わずか1キロ程度の土地に対して13冊プラスαもガイドブックがある状況は異常ですが、旅行系出版社が乗り出してきていないのが気になります。そろそろ「るるぶ新大久保・新宿」←新宿はこのくらいの扱いw とか出ていい頃。

■注目の情報



↑他の新宿情報ブログも見てみよう



2 thoughts on “新大久保のガイドブックがさらに2冊追加され約13冊に。

  1. はじめまして
    最近、某タレントの発言がきっかけで某テレビ局に対する嫌韓デモが多発してるのですが、親韓の管理人さんとしてはどう思っていますか?
    個人的には「気●いの沙汰とはこれか」とも思っているのですが・・・。

  2. わりとどうでもいい派です。確かに録画掛けてても、昔よりも番組は多いと思いますから。
    「コンテンツとして」抗議するのは別にいいんじゃないですかね。でも旗まで振り始めるとまた違う方向の話のような…。

Comments are closed.