写真にしますか、ケーキにしますか? 大久保の老舗写真館がなぜか異業種すぎるケーキ店を兼営に。「タキノ写真館&ネトケレーヴェ」

この記事は6年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

netkelwe写真とケーキ!? この変わりすぎた組み合わせ。

大久保駅近くの大久保通り沿い、磯丸水産の右手にある写真館がなぜかいきなりケーキ店を同じ店舗の中で始めたようだ。

店舗名は「ネトケレーヴェ」1/29のオープンで、「タキノ写真館」の中にある。担当の藤堂パティシェは三笠會館出身でチーズケーキで有名なカリスマパティシェ。店主の瀧野氏がパティシェとの旧交があり実現した。

店名は店主がかつて師事したドイツ人写真家、画家のネトケレーヴェ氏の妻(声楽家:マルガレーテ・ネトケレーヴェ)の名前を冠したものだそう。

それにしても、写真店の中でケーキを売るというのは昨今の写真業界の厳しさが伝わってくるものの、思い切った試みである。写真業界の生き残りの道として成功を期待したい。

日、木休み。09:00-18:00。(営業時間はXiaopingWeiさんのtwitterを参照しました)

詳細はこちらのブログで。(画像は下記サイトキャプチャ)
http://blogs.yahoo.co.jp/yamamomiji_610/60508007.html

個人的にはいまのところホール中心のようなので、カジュアルな商品も期待したいところ。(フィナンシェ等は150円程度だそうです)。



↑他の新宿情報ブログも見てみよう