文化放送四谷局舎、近く姿消す

この記事は11年以上前の記事です。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。
◆おすすめ書籍◆
【PR】

ソース(朝日)同一記事別アド)(同一記事ミラー・人民網
新宿区若葉1-5の文化放送が24日で移転してしまうのですが、送別的なところで写真つきの記事になってます。
・文化放送の母体は元々はカトリック聖パウロ修道会
・免許が下りず「日本文化放送協会」という宗教色のない組織にして開局
・昭和初期の様式、モダンに徹してないが丁寧な作りこみ
・第5スタジオは兼聖堂。副調整室の下は聖歌隊席
・現局舎は老朽化に加えデジタル化を迫られ姿を消す
局舎の写真を見るとわかると思うんですが、結構この様式は貴重だと思うんですが、これを壊しちゃうのはどうかなぁ。僕も昔は、アニラジ全盛の時代にJCM(文化放送の関連の制作部門)によく足を運んでおりました。あのビルは電波ゆんゆんな感じで異質っぽくていいんだよなぁ。旺文社が大株主時代もありました。
7/23の四谷特番では、かつての名パーソナリティを多数ゲストに迎えるほか、「旧社屋の記念品はぎとりチャリティプレゼント」とかもやるそうです。AM・1134KHz。
●関連記事
文化放送が四谷から浜松町に移転の特別番組を発表
●関連サイト
文化放送 
社屋移転特別編成ページ
ドワンゴと文化放送、ネット配信事業の新会社を設立(朝日)



↑他の新宿情報ブログも見てみよう